オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

ポストSIビジネスの4つの戦略

»

3回に分けてポストSIビジネスの具体的な選択肢を考えてみたが、少しマクロな視点で、戦略を整理してみよう。

スクリーンショット 2015-03-05 10.16.43.png

コモディティ戦略

多くのSI事業者が、いまコモディティの領域にいる。今後ともこの領域でビジネスを継続して行くとすれば、徹底した標準化と価格競争により、規模ビジネスを追求しなければならない。例えば、AWSやGoogle、Microsoftが繰り広げているIaaSの価格競争やオフショアの拡大などがこれに当たる。

この戦略には、相応の先行投資が必要となる。上記のIaaS大手は何処も数千億円規模の投資を行い規模の経済を追求し、価格競争を仕掛けている。また、標準化を進めることでコストの一層の低減とスピードを差別化の武器としている。

オフショアも、ブリッジSEを介さなければならないようなやり方では、コストも嵩みスピードも担保できない。標準化によって、これら障害を取り払うことで、コモディティ戦略における競争力を担保できる。

なお、この戦略は、システムに閉じる必要はない。BPOと組み合わせることで、規模の拡大を図ることも可能だ。

専門特化戦略

大手SI事業者の弱点は、膨大な人材を抱えていることだ。そのため、システム規模が縮小する戦略は、既存の組織規模を維持できず、収益効率も悪くなるので受け入れにくい。また、営業利益率が低いことから極限まで稼働率をあげなければ、人材を維持できないという課題も抱えている。

一方で、コモディティ領域で勝負できる体力もない。いや、体力がないと言うより、何事も「ミニマム・スタート」でしかはじめられず、標準化を苦手とする経営体質が、コモディティ戦略の足かせとなっている。

事業規模を維持し、営業利益率を拡大としたいと考えれば、特定の業務領域に特化することで、その領域で絶対的競争優位を確立する戦略をとることだろう。

例えば、SAPは、エンタープライズERPでは、絶対的なシェアを確保し、その市場での地位を確実なものにしようとしている。また、IBMは、ハイブリッドクラウドのポジショニングを明確にし、そこでの競争優位を確保しようとしている。Equinixは、クラウド相互接続事業で絶対的な優位を確保している。他にも金融デリバティブ、プライベート・クラウド基盤の設備提供と構築・運用など、何でもできます、何でもやりますではなく、ある専門領域に特化して、顧客を増やし、結果として規模の拡大を図る戦略だ。また、「ニッチ戦略」同様にBPOと組合せ規模の拡大を狙うこともできる。

ただ、そのためには、「専門」を明確にポジショニングし、そこに資源を集中させ、洗練させていかなくてはならない。

ニッチ戦略

規模は稼げないが、特定のテクノロジーや業務領域に於いては、他社の追従を赦さない存在感を示す戦略だ。

同じ「独自性の高さ」を追求する「専門特化型戦略」は、安定と安心を遡及し、規模を狙うことに重点がおかれる。一方、「ニッチ戦略」は、革新性や特殊性を遡及し、オンリーワンをめざす戦略となる。ニッチも普及が進めば、規模の拡大につながる可能性はあるが、そこを狙わないのが、この戦略の肝となる。

狙うべき領域は、現時点で市場規模は小さいが、成長率が「加速」している領域だ。例えば、IoTやビックデータ、人工知能やコンテキスト・テクノロジーといった先端テクノロジーがある。また、介護や医療など、これからIT化を積極的に進めようとしている領域、あるいは、公共や自治体など、規模こそ小さいが、何処でも抱えている課題で、これまでITの恩恵に浴することのなかった領域なども考えられる。これら領域は、コストの高さと扱いの難しさ故にITの活用がすすまなかった領域だ。しかし、クラウドやOSSの普及は、このような前提を変えはじめている。改めて見直してみることで、ひとつひとつのシステム規模は小さいながらも、ビジネス・チャンスを見つけ出すことができるかもしれない。

パッケージ戦略

徹底した標準化により、低価格で手離れの良い商材を提供する戦略だ。なお、ここでいうパッケージとは、パッケージ化された商材を意味するもので、対象は、ソフトウェア、サービス、ハードウェアの全てで有り、その組合せも含まれる。SaaSなどもパッケージ商材と考えても良いだろう。

対象は、SMBばかりではなく、大企業であっても、特定の業務やシステム領域で、この戦略はうまくいくだろう。

売り方については、時間をかけた個別商談や人海戦術では効率が悪い。Webやデジタル・マーケティング、インサイドセールスなど、仕組みによるセールスとマーケティングに取り組む必要がある。また、仮に個別商談や人海戦術にしても、短時間で商談を成立させられるセールス・ツールの充実など、売り方や売るための仕組みと共にパッケージ商材を開発する取り組みが不可欠だ。

なお、標準化された業務を代行するBPOと組み合わせることで規模の拡大を図ることができる。SanSanの名刺代行入力などは、そんな取り組みのひとつだろう。

スクリーンショット 2015-03-05 10.16.51.png

昨日紹介したサービスをここにマッピングするとこのようになる。言うまでもないが、コモディティ戦略はなかなかハードルが高い。この領域を脱し、他の領域へビジネス領域を広げてゆくことがSIにとっては、生き残る術となるのだろう。


【閲覧無料】最新のITトレンドとビジネス戦略・2015年2月版

Trend.png

「最新ITトレンドとビジネス戦略【2015年2月版】」全279ページをリリースしました。全て無料で閲覧できます。

今版は、特に相当に気合い入れてテクノロジー編を大幅改訂です。「IoTとビッグデータ」と「スマートマシン」をいろいろと手直しをしました。

テクノロジー編(228ページ)で、特にご覧いだきたいポイントは、次のページです。

  • WebスケールITについて解説。
  • クラウドサービス事業者のポジショニング。
  • クラウドサービス事業者の強みと機会。
  • コンバージド・システムとハイパー・コンバージド・システムの比較。
  • IoTとビッグデータ」とCyber-Physical systemsとの関係。

ビジネス戦略編(51ページ)では、SI事業者の課題とそれに対処する戦略を新たな考察を踏まえ刷新いたしました。

是非、ご覧下さい。なお、会員の方は、ロイヤリティフリーでパワーポイント形式にてダウンロードいただけます。

>> ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

こんな方に読んでいただきたい!

  • IT部門ではないけれど、ITの最新トレンドを自分の業務や事業戦略・施策に活かしたい。
  • IT企業に勤めているが、テクノロジーやビジネスの最新動向が体系的に把握できていない。
  • IT企業に就職したが、現場の第一線でどんな言葉が使われているのか知っておきたい。
  • 自分の担当する専門分野は分かっているが、世間の動向と自分の専門との関係が見えていない。
  • 就職活動中だが、面接でも役立つITの常識を知識として身につけておきたい。

Top1

「【図解】コレ1枚で分かる最新ITトレンド」に掲載されている100枚を越える図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。自分の勉強のため、提案書や勉強会の素材として、ご使用下さい。

スクリーンショット 2015-01-18 13.32.13

目次

  • 第0章 最新ITトレンドの全体像を把握する
  • 第1章 クラウドコンピューティング
  • 第2章 モバイルとウェアラブル
  • 第3章 ITインフラ
  • 第4章 IoTとビッグデータ
  • 第5章 スマートマシン

>> 詳しくはこちらをご覧下さい。

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する