オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

ソーシャルメディアは有料制にするべきだと思う

»

ソーシャルメディアは有料制にするべきだと思っている。ここでいうソーシャルメディアとは、SNSの究極のカタチともいえる、人間の集合知からなる新しいタイプのメディアのことを指している。

たとえば、何か知りたいことがある時、私達は真っ先にグーグルの検索エンジンを使って調べるのが習慣になってしまっている。ところが、グーグルは本当に必要としていた情報を毎回私達に届けてくれるだろうか。

答えは”NO”だ。必要としている情報の内容が深ければ深いほど、グーグルの検索結果は意味をなさなくなってしまう。極端に言ってしまえば、グーグルが私達に提供してくれる検索結果は、テキストに整理することができる情報を見せてくれることと、必要な情報を知っていると思われる人間(あるいは組織・企業)を教えてくれることだけである。

テキストなどに形式化されたデジタルな情報だけで用が足りるのであれば、グーグルでも十分機能するのだろうが、私達が本当に知りたいのは、ほとんどは人間が持っている暗黙知と呼ばれている情報だ。そして、この暗黙知を得るためには、その暗黙知を持っている人間に直接聞くのが一番の近道である。

それを唯一実現できる可能性を持っているのが、デジタル(テキスト:形式知)とアナログ(人間:暗黙知)の両方をカバーしているSNSだ。SNSは、間違いなくソーシャルメディアのフレームワークになれる可能性を秘めている。

※ソーシャルメディアについては、去年執筆した、拙著「SNSビジネス・ガイド」(インプレスジャパン)の最後方で詳しく触れているので、興味のある方は是非お読み下さい。

では、ソーシャルメディアは本当に実現するのか。私は、実現すると思っている。それも、近い将来必ず実現するはずだ。ただ、そのためには、クリアしておかなければならないポイントもいくつかある。中でも重要だと思っているのが、料金の問題だ。

個人的には、ソーシャルメディアは有料制にするべきだと思っている。有料制にすることで、知りたい側と教えたい側に適度な緊張感が生まれ、無料のサービスでは実現が困難な、本当に有意義な情報がやり取りされることになると考えている。

以前、ミクシィの自分が立ち上げたコミュニティ内で、学生相手からの問合せに積極的に答えていた時期があったのだが、続けているうちに何人かの学生から、レスポンスが遅いというクレームが入ってくるようになった。

こっちは、本業の合間をみつけて対応しているわけで、文句を言われる筋合いはない。結局、続けることは無理だと判断して、そのコミュニティでの活動をやめてしまったという苦い経験を持っている。

情報を提供する側はボランティアだと思っていても、情報をもらう側はそうは思っていないケースは多々ある。こうしたバランスを欠いた関係は、結局は何ももたらしはしない。

ソーシャルメディアは、絶対に有料制にするべきである。

Comment(15)

コメント

お世話になります。

有料SNSについて私なりの意見。

有料SNSに入った場合、やる気のある人は「無我夢中」「猪突猛進」で挑みます。なぜなら、遊びで入会したのではなく、たいていの場合、「今 そこにある危機」を脱したいためにSNSへ「逃げます」

このため、その1人が入っただけで、一気にSNSが活気づきます。※オピニオンリーダーではありません。

多少の軋轢を生みますが、活性化しているため、ある程度は良い方向を生みます。

ここまでは良いのです。

しかし、私を含め、本人は素早く対応しているのにも関わらず、SNSの鈍重さが目立ち始め、数ヶ月は活性化しますが、嵐のように現れ、嵐のように去っていくパターンがあります。

このため、何が必要であるかよりも、何のためにあるかを明確にしておくべきです。

・個人のためではなくグループのため
・短期のためではなく長期のため
・荒らすのではなく、安定のため
・個人力のためでなく、組織力のため

ずいぶんと古めかしいと思いますが、成功しているSNSを見ると、このバランスが良い。
己を隠して、下から支えるタイプを忍耐強くできる方とそのグループが優れていると、有料SNSは成功すると思う。

私はいいかげんなため、このようなグループには入れないが、「尊敬」の対象になる。
そんな相互扶助が大切だと思います。

REEF

同じようなことを考えていた時があったんですが、それって結局、ポイント制のQ&Aやん!!って思ったのですが。

おおた

有料のソーシャルメディアが「あってもいい」とは思いますが、例えばご自身が文の後半で挙げている「学生相手からの問合せに積極的に答えていた」件で仮に有料ソーシャルメディアでやっていた場合、「レスポンスが遅いというクレーム」にどう対処されるおつもりでしょうか? 有料だからといって、本業を差し置いてでも対応するとは思えないのですが。
 結局、「有意義な情報のやり取り」には「緊張感」も必要かもしれませんが、まず「善意」なり「誠意」なり「気遣い」があってこそではないかと思います。理想論であるのは承知の上で、あえて。

伊藤靖

角田様>
コメント有難うございます。
>・個人のためではなくグループのため
>・短期のためではなく長期のため
>・荒らすのではなく、安定のため
>・個人力のためでなく、組織力のため
この視点は非常に重要だと思います。全く古めかしいことなどなく、これがないと成功しないのではないでしょうか。相互秩序も必須だと思います。もし私が創ったら、登録してくださいね。

伊藤靖

REEF様>
コメント有難うございます。これは、Q&Aサイトとは全く別物だと思っています。情報の伝達に仕方は、ネットだけに限りません。電話や直接会って話を聞くというのが基本になるような気がしています。

伊藤靖

おおた様>
コメント有難うございます。いえ、決して理想論ではないと思います。突っ込んだ質問有難うございます。

>「レスポンスが遅いというクレーム」にどう
>対処されるおつもりでしょうか? 有料だか
>らといって、本業を差し置いてでも対応する
>とは思えないのですが。

この部分ですが、何らかのカタチでスケジュール管理できるようにしたらどうかと思っています。空いた時間で対応できるものを基本にし、答えるのもリアルを考えています。

>「緊張感」も必要かもしれませんが、まず
>「善意」なり「誠意」なり「気遣い」が
>あってこそではないかと思います。

仰る通りだと思います。言葉足らずでした。これがないと成り立たないサービスだと思っています。ソーシャルメディアは信用がないと成立しないサービスです。「善意」「誠意」「気遣い」は必須です!

himat

これって、まともに機能していた頃の@niftyのフォーラムそのままな気がするんですが・・・・・。

伊藤靖

himat様>
コメント有難うございます。いえ、まったく次元の違う別物だと私は考えています。まず、ソーシャルメディアのインフラは、これから家庭内に張り巡らされることになるであろう光回線が基本になります。デリバリーされるコンテンツもよりリアルに近づいて行きます。接続するデバイスも、パソコン以外に、携帯電話、TV、ゲーム機など多種多様です。

chocoball

最後のコメントへの回答は本質的な問題ではないですね。元ゲーム業界の人間ですが、ファミコンからプレステへ、オンラインゲームの世界もウルティマからFFへ、変化を遂げ高速にかつ緻密になりましたが、その中で行われているコミュニケーションはなんら変化していません。むしろリアルになればなるほど、そこで行われるコミュニケーションが希薄化していくと感じるのは私だけでしょうか。
インフラは所詮インフラ。コミュニケーションの道具でしかなく、主体である人間はここ数世紀大きな変化は遂げていないように思います。
伊藤さんが述べられている「ソーシャルメディアは信用がないと成立しないサービスです。「善意」「誠意」「気遣い」は必須です」という言葉こそが本質に接近するキーワードだと考えます。

伊藤靖

chocoball様>
コメント有難うございます。なるほど、ゲームの場合ですとそうなのかもしれませんね。逆にリアルではない方が、リアルなコミュニケーションが実現できる。参考になります。

>「善意」「誠意」「気遣い」は必須です」と
>いう言葉こそが本質に接近するキーワードだ
>と考えます。

有難うございます!本当にそうですよね。最近そのことを痛感しています。

これからもコメントよろしくお願いします。

よく拝見しております。
皆さんのご意見とはかなり視点を異にするようですが、こういうサービスを近々リリースしようとしています。別事業用に開発しているモジュールを切り出して別個のサービスに仕立て直して先行リリースする実証実験的なサービスです。ご参考までに。
SNS4Uの広報Blog
http://ict-i.blogzine.jp/sns4u/
私のBlogでも考え方の背景などについて言及しています。
http://ict-i.blogzine.jp/
現実逃避のためにSNSを利用するユーザ層はまったく視野に入れていません。
別途トラックバックさせていただこうと思いますのでよろしくお願いします。

景虎様>
コメント有難うございます。ブログも拝見しました。面白いですね。よろしければ今度情報交換させてください。私もちょっと企てていることがあるものですから。よろしくお願いします。

ありがとうございます。
頻繁に思索の参考、下敷きにさせていただいておりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

有料SNSの趣旨に賛成です。
利用に際しての利用料金を参加者から徴収することで参加者の責任意識を醸成するということは大事だと思います。
有料制からもう一歩進んで、参加者=出資者という考え方はどうでしょう?出資者=組織者=運営者=事業利用者という考え方です。
一般にはあまり知られてませんが、協同組合理念がヒントになるかと思います。

century様>
コメント有難うございます。面白い考え方ですね。そこまでくるともうSNSとは呼べなくなるのかもしれません。サイトを訪問して勉強させてもらいます。

コメントを投稿する