オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

「柏崎刈羽原子力発電所6号機の放射性物質の漏えいについて」という発表について

»

 日曜の朝、新潟で大きな地震がありました。被害に遭われた方々、家が壊れてしまったとか、避難所で不自由な生活を強いられているみなさんのご苦労ははかりしれないと思います。一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。

 さて、この地震に関連して、ちょっと不思議な感じがしたことがありました。

 それは、放射性物質漏れについての東京電力の発表内容です。

 「柏崎刈羽原子力発電所6号機の放射性物質の漏えいについて」という7月16日付の発表ですが、気になる漏洩状況について、

”法令で定める値以下であり、環境への影響はありません”

となっており、当日の記者会見でもほぼこの文面と同じコメントが読み上げられていました。

なにが不思議かと言いますと、

  • まず、法令で定められた範囲内であるということが第一に主張されていること。
  • 次に、環境への影響はありませんというだけで、近隣住民の健康に問題がないということに明示的に言及されていないこと。

です。

 発表後のニュースで、実際に漏れた放射能は、”ラドン温泉6リットル分くらいで、人体にも環境にも影響は無いとのこと”という説明がされていましたが、発表文だけではこれらはわかりません。

 公式な発表内容が、まず法令の範囲内ですよ!ということからになっているということと、人体への影響について述べられていないことから、感じたのは、

”この発表はいったい誰に向かって発せられたものなんだろうか?”

という疑問です。

 もちろん、法令順守はJ-SOXなどという以前から、企業にとってとても重要なことですし、電力会社が環境への影響に気をつけるのもまたきわめて大切なことでしょう。

 しかし、情報として先ず必要なのは、どの程度の放射能が漏れたのか、そしてその量だと周辺の人々の暮らしにどのような支障が出るのか、出ないのか、そういうところではないでしょうか。

 もっともここでは、この東電の発表の仕方に問題があるとか、間違っているとかいうつもりはありません。ただ、普段から身近に原子力発電所があって、その安全性を信頼して暮らしている人がたくさんいることを考えると、まず最初の発表の時点では、法律に対してどうこうということよりも、漏れた放射能は普通に人が触れることもある程度で、健康や生活には問題はないレベルですよ、ということを伝えるのが自然な発想なのではないだろうかという気がしたというところなのです。

 普段、マーケティングの仕事をしていると、発表文やプレゼンテーションなど、なにかを伝えようとするときに、そのメッセージは誰に向けて、どんな理解をしてもらうために発信するのか?、そしてそれはどういう情報をどんな言葉にするのが最適なのかということをとても考えます。

 そんなわけで、僕はどうも不思議な発表内容だなと感じましたが、みなさんはどうでしょうか?

 

余談ですが、これだけの災害が起こって、大規模に避難が行われている状況の中でも特に暴動や略奪などの非道なことが行われていない(そのような報道はないようです)ことから、本当にこの国の人たちは人間としての社会性に長けた住人なのだなと改めて感じさせられます。そういう国に生まれたことは、誇りに思っていいのではないかと思います。

Comment(2)

コメント

とおりすがり

なにをもってして”影響がない!”と言い切れるのか、その基準が、原子力に従事している人意外の方々に説明しにくいからではないでしょうか?
国が定めた値が、ギリギリの値なわけがなく、かなりの余裕をもっている。その値以下であるのだから、安心してください。ということなのでは??
初めから”ラドン温泉6リットル分です。全然たいしたことないですよ。”と言ってしまったほうが良かった?(漏れたことに対して)”開き直ってる!”と言う人はいないでしょうか?
東電のカタをもつつもりはないのですが・・・。

とおり

東電の発表については、いきなり放射能量を示したとしても知識がないと理解できない数値である。例えば、排気筒から放出された放射能は、8億万(800メガ)ベクレルと言ったような、桁の大きい数値が出てくるため、さらに不安をあおる可能性があると思う。この数値だけでは、影響があるのかわかりにくいことも事実です。
また、法律の値未満であれば影響は無いはずであり、一応の目安として引用する意味は大きいと思う。実際、法令基準値を大きく超えて放出されても影響はないことが多いです。(チェルノブイリみたのは、別ですが)
そう言った意味で、東電の発表は、一般の人にも分かるように配慮した発表と思います。
東電の発表とは違いますが、「本地震での対応が遅い」と政府その他が避難していますが、そこで働いている人も被災者です。自らの家族が心配であると思います。
散文で失礼します。

コメントを投稿する