オルタナティブ・ブログ > 穂苅智哉の Webビジネス!日進月歩 >

文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

数年の経験から導き出した自分の立ち位置(あなたは自分の立ち位置把握していますか?)

»

自分が今いる立ち位置がふんわりしていて面白いなと思ったので記事にします。

僕は何をしている人か

僕は、マーケティングのマーケターです。 マーケターというのは、デジタル大辞泉によると、

1 市場で売買する人。
2 市場調査に基づいて商品開発・販売促進を行う人。

だそうです。
この中だと、**僕は2になるわけですが企業のソリューションの販促、どうやったら商品に魅力を感じてもらい購買行動を起こしてくれるのか、 市場や世間の把握、技術のトレンド、インフルエンサー、SNS、メディア、などとても多くのものに関わりながら答えのない成果を求めていくようなイメージ**です。 しかしそれだけではなく、バリバリの文系だった僕は大学生で東京に上京してきてから、それこそホリエモンや茂木健一郎さんの動画を見たり、ベンチャー企業の社長の言動をチェックするのが好きになり、その共通点であった「技術」とくに「インターネット」に興味を持ちました。 というのもあり、プログラミングスクール「[TECH::CAMP(テックキャンプ)](https://tech-camp.in/ "TECH::CAMP(テックキャンプ)")」でRuby on Railsを学んだりもしました。また、独学でObjectiveCをやってみたりして、エンジニアになるのもいいなぁと思うようになります。 animal_chara_computer_penguin.png しかし自分の目指すところはスペシャリストのエンジニアではなく、**そういった人たちを巻き込んで面白いものを作っていく方**だったので まずは**インターネットのベースの部分に携わろう**と考え今のサーバーや制作系の会社に入りました。そして営業をやりながら技術も勉強するようになりました。 最初はワケワカランだったサーバーもLinuxコマンドを覚えて色々触ってみると面白く、「黒い画面触っている"俺"」みたいな感じでドヤ顔もできるようになりました。 全ては面白そうで、知りたいという気持ちになったので色々手を出してみたのですがこれが今少し別のところで役立っています。

"Connecting The Dots"

大げさではありますが、Jobsの"**Connecting The Dots**"のようだと思っています。 何があったかと言うと、**セールス系の同じ会社の方たちが技術知識で僕を頼ってくれるようになりました**。
なぜ僕になのか?エンジニアに聞けばいいんじゃないか?と思う人もいるかも知れません。 僕が現在導き出した答えは、**バックグラウンドが営業系の人と技術系の人とでは前提条件が全く違う**ということです。 「これを聞いたら場違いなんじゃないか」
「こんな初歩的なことを聞いたら怒られるんじゃないか」 と思うのは個人的に非常に分かります。
誰がどうということではなく、お互いに歩み寄る必要がかなりあるのでその労力が非常に大変なんです。 そんな中**僕はというと、文系でセールス経験者で、20代後半の職場でフラフラしている若者**です笑
よく癒し系と言われることもあり、おそらく他の人からすると**声をかけやすいキャラクター**なんだろうなと思います。
立ち位置、ふんわりしている気がします笑 business_jouhou_koukan.png そんなキャラクターを社内で活かせるとしたら、こういうところなんだろうなと思っています。
もちろん、本業のマーケティングで他者が納得できる成果を上げていることが大前提です。 また、僕は人にものを教えるのがそれほど苦ではなく、どちらかと言うと好きな方なのでいいかなと。。 **自分の特性(カッコよく言うとアビリティ?)をしっかり使うことで今いる環境が良くなり更に会社であれば売上や利益が上がるという構図を作れたらこれは自分がいる意味がある**のかなとも思いました。
**自分の役割としては、今の技術の会社をマーケティングがすげぇ!会社にし、自分が持っている知識を近しいバックグラウンドの人たちに伝えていくこと、そして全体でより良くなっていけたら**と思います。 これからもどのDotsがいつConnectするかわかりませんが、様々なDotsを積み重ねていきたいです。 最後に最近好きなピーター・ドラッカーの有名な名言で締めます。

企業の目的は顧客の創造である。
したがって、企業は二つの、ただ二つだけの企業家的な機能をもつ。それがマーケティングとイノベーションである。
マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす
─ピーター・ドラッカー 「マネジメント」より

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントを御覧ください!
※友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えておねがいいたします。

Facebook
https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter
https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する