オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

私の妄想の延長としての、『クラウド・コンピューティングは、三層構成の終焉』

»

オルタナティブ・ブロガーの栗原さんが『クラウドとグリッドの違いとは?』を書かれていて、すごく納得しているのだけれど、それと同時に、さまざまな考え (というより妄想かな) が浮いてきたので、メモのつもりで書いてみます。

クラウド・コンピューティングは、三層構造構成の終焉である

もう、20年も前、IBMに在籍していた頃、最上級SEのN氏たちといっしょに、今後はコンピュータは『三層構造構成(3 Tier Computing)』すなわち、メインフレーム(バックエンド) - UNIX(フロントサーバ) - Windows(クライアント)の時代になる、と予言、推進をし、実際にそのようになった。

Cloud02クラウド・コンピューティングでは、この三層構造はありえない。クライアントは、なんでも良くなった。メインフレームがバックエンドいなければならない理由は、まったくない。まあ、メインフレーム自体が不要のかたまりになったのだから。雲の中では、どこになにがあろうとかまわないのだから。


 

さらに、妄想を続けるならば、雲の中のサーバもクライアントも、

クラウド・コンピューティングでは、すべてのものが http で接続されている

グリッドをクラウド・コンピューティングの中心に置きたいベンダーが多いのは分かる。しかし、もともとのクラウド・コンピューティングの発端のエリック・シュミットの話の中に、グリッドはまったく出てこない。特に Google がそうなのだと思うが、サーバハードウェアなんて、なんでも構わないのだ。

サンの UltraSPARC やインテルの Xeon のように、並列処理能力が非常に高く、どんなに大量のタスクが流れても 10 - 20 % しか使用率が上がらない。つまり突発的な負荷がかかっても、サーバの処理能力を超えることはない。いまやサーバの処理能力は、サービス過多の状況だ。

このサービス過多のサーバが出現してしまった今、グリッドが急激に負荷が変化するクラウド・コンピューティングに最適なサーバとは言えなくなっている。
 

しかも HPC にも最適とはいえず、もしかしたら、グリッドは中途半端なサーバマシンになってしまったのかも知れない。

以上、妄想でした。

昨日ブログに書いた『Sun Java CAPS 6』の反響がたいへんあり、いかに本物の SOA を実現するか、絵に描いた餅ではない、SOA はどう実現されるのか、については、ちょっと時間をもらって、じっくり、しかし、理解できるように書きたいと思います。しばし、待っててね。

Comment(2)

コメント

高橋さん、こんにちは。
「妄想の延長として」に突っ込んでいいのか迷いましたが... やっぱり書かせてください。
クラウド・コンピューティングの本質は、計算処理が「あちら側」でなされてくるということなので、サーバー側の構成がどうだとか、httpで接続されるかとかいのは関係ないと思います。
いずれにしろ、パッケージソフト時代とはまた違うビジネス構造に変わっていくとは思います。

坂本さん、コメントありがとうございます。クラウド・コンピューティングの本質は、おっしゃる通りなのだと思います。

しかし、私のお客様はIT部門の方々なので、IT部門として、クラウド・コンピューティングをどう捉えるのか、という点では、「どうでもいいんです」とは言い辛かったので・・・。
 
クラウド・コンピューティングはもともとエリック・シュミットが使った言葉ですが、この時同時に、「インターネットを疑ってはいけない」とも言っているんです。すべてをインタネットで行う、というのが、エリックが言いたかった事なんですね。
 
ブラウザとサーバの間が http であることは当然として、サーバのアプリ(もはやアプリではなく『サービス』ですが)同士も http で接続します。つまり、Webサービスが前提なのです。
 
いままで、IT業界が積み上げてきた技術を統合して使っていくのもクラウド・コンピューティングの特徴だと思っています。
 
いま、IT企業のトップの方々は、このクラウド・コンピューティングへのパラダイムシフトに対して本気で対応策を考えられています。
 
考えていない、とか、やっぱりメインフレームだ、とか言っているトップがいたら・・・・。う~む、どうすんでしょうねえ?

コメントを投稿する