オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

JR東日本のえきねっと等に要望があります

»

年老いた義母がいるので、定期的に宮城県に帰っている。仙台市の隣、多賀城市だ。車は持っていないし、高速で帰るのも疲れるので、もっぱら新幹線を使っている。JR東日本のホームページで、えきねっとのサービスを使うと、わざわざみどりの窓口に並ばなくとも、自動券売機に並ばなくとも、切符をえきねっと専用の端末キオスクで入手できるので、便利だ。

券売機でも入手できるのだが、新幹線の自動券売機には、慣れない人が並ぶことが多く、ひとりひとり時間がかかる。だから、えきねっと用専用端末は貴重だ。自動券売機の列に並んでいると、どうして良いかわからず、時間がかかりすぎてしまう人が多いので、いらいらしてしまう。

JRもしかたがなく、女性の係員を配置して、いちいち教えているけれど、せっかく自動化により人員を減らすことができるのに、もったいない。乱暴なようだが、ああいったところに説明する人を置かなければ、慣れない人は使えないので、最初のうちは迷惑がかかるけれど、そういうひとたちは、利用の仕方がわからないので、徐々に敬遠していき、使える人だけが残り、このいらいらは解消していくように思う。

この自動券売機のユーザインターフェースは、次に述べるえきねっとに比べると、まあ、普通なのだ。結局、ディスプレイを触って、なにか作業をするということに慣れていない人は、とても使いづらいのだろうけど、毎日インタネットなどを使っていない、人たちでは、慣れろといっても無理だ。だから、人がいる窓口があるではないか。無理して、自動券売機を使う必要はないと思うのだが、この論理、おかしいだろうか。

さて、えきねっと。どうもいまいち、使いづらい。URLの最後が「aspx」なので、マイクロソフトのサーバなのだな、とわかる。ASPを使っているなら、AJAX など使えばもっと便利になるはずなのに、と思った。使いずらさの例としては、インプットをユーザが間違えて、次に進もうとする場合、エラーを表示するページが次に現われる。いったん、次のページをすべて送信してくるのだ。

たとえば私はよく人数を入れ忘れるのだが、まず、人数はプルダウンではなく、自分でキーインするタイプで、人数を入れる場所と、どの列車にするかを選択するボタンの位置が離れている。そして、次のページに進もうとすると、次のページでは、エラーなのでもとに戻れと書いてある。人数を入れ忘れるのも、デザインの悪さだし、そのインプットのページ内で、人数を入れていないことを表示すればいいのに、いったん、次のページを送ってくるのは、無駄だ。

しかも、ブラウザの「戻る」ボタンではなく、ページの中の戻るボタンしか使えない。いろいろ選択していったあと、購買の手前で、「やっぱり、他の便にしよう」とすると、いままでのインプットをすべて中止(キャンセル)し、最初からやり直さなければならない。

どうも、人がどのように画面を使うのか、熟慮されていない、と思える。Webのページなのだから、何回も変更してかまわないのだから、ぜひ、改善していただきたい。

もうひとつ不満に思うのは、JR東日本のホームページで、JR東海やJR西日本の切符を購入できるのに、紙の切符本体は、JR東日本の駅でしか入手できない。JR各社とも、こういったインターネットによる切符の購買ができるのだから、ぜひ、JR東日本のインターネットで購入した切符をJR西日本やJR東海の駅で入手できるようにして欲しい。

卑近な例では、新横浜の駅の場合だ。新横浜の新幹線改札口のそばのみどりの窓口は、JR東海のものなので、JR東日本のえきねっとで切符を購入しても、新幹線ののり口で切符が入手できないのだ。だったらJR東海のサービスを利用しろというのか?それは、本末転倒、サービスの意味が半減する。

JR各社は、一部分を除いて、交通手段として独占状況にある。飛行機なら、空を占有できないから、複数の航空会社が正当な競争をする。たとえば、東海道新幹線の線路に、別の会社の電車を走らせ、競争させるということはできない。JRの車両より、サービスや設備が充実していたり、異なる価格設定の車両を同じ東海道新幹線上で使えるなら、より良い会社の便を選び、それが全体のサービスの向上につながるだろう。

競争がない、代替案のない状況。つまりは健全な市場ではないのだ。だからこそ、JR各社はサービスの向上を本気で考えて欲しい。あのえきねっとを使っている限り、中途半端なのである。そういった細部にこそ、真実が宿るのだから。秒単位で運行しているJRなのだから、サービスの向上もできるはずだ。

■■■
ところで、このブログは新幹線で書いているのだが、乗っている乗客の質にも、問題が多いよね。私の前の乗客は、座席の背を最大まで倒して座っている。私は座席を最大まで倒すことはしない。座りづらいからだ。私はこの最大限まで座席の背を倒して座るのを、「貧乏ずわり」と呼んでいる。飛行機の中でも、同じだね。かえって疲れるだろうに。ださいね。

Comment(7)

コメント

座席が倒せるならその範囲内でどの程度まで倒そうが客の勝手なのではないか。
後ろの客が困る程に倒せるのならそれは座席の設計が間違っているのであって客の責任ではない。
JRなり航空会社なりに座席を倒せないようにしろと抗議してみては如何か。
あと座りづらいかどうかも単に各人の好みであって最大まで倒さなくてもそれが気に入らないひとはいるかもしれない。
自分が気に入るかどうかを基準にひとを批判するのなら普段自分がしている行為を気に入らないひとがいるかもしれないというくらいのことは自覚するべきではなかろうか。

ましも

後ろに座ってて迷惑だからやめろっちゅうなら話はわかるが
「ダサい」という感覚的な言葉で人を批判するのは随分年甲斐がない。
中学生が気に入らない人間をこき下ろしてるんなら「ダサい」でもよかろうが。

要するに、あなたは前の席の人間に最大限倒されると目障りに感じるんでしょう。
んならそうとそのまま書けばいいのに、そんなことでチマチマ文句を垂れるのは我ながら貧乏臭い、
と言う羞恥心もあったのでしょ。
だからって「貧乏」だの「ダサい」だのと中学生レベルの罵倒を相手に押し付けるのがオチじゃ
せっかく働いた一抹の羞恥心もクソの役にも立ってない。

無理に捻り出した罵倒文句には当人の品性や気にしてる事が表れますよ。
この場合は「ああ、この人は貧乏に見られるのとダサいと思われるのが何より気になる人なんだな」って。

たけぽんさん、ましもさん、コメントありがとうございます。
 
この座席を最大限倒して座ってる人が気に食わないのは、もう何十年も前からで、無性に腹立たしいのです。まあ、個人的にとても嫌だ、というレベルなのですが。
ほんと、JRや航空各社に要望を出したいぐらいですが、私の感覚では、席を後ろに倒すのは、後ろのひとに迷惑だと思うのです。なので、おしりを深く座って、ちょっと座席の背を倒して、自分が心地よい程度にするし、後ろにひとがいたら、一応、黙礼します。
昨晩の前のひとは、突然、倒して来て私のPCの液晶でつっかえたので、おもいっきり押してくるんですね。なんなんだろうな、このひと、とか思いまして。
--> ましもさん、
ふだん、だっせーっとか、貧乏くっせーという言葉は使わないのですが、昨晩はほんとに頭にきましたので、使ってみました。使い方、へたくそですか?

どうやら、この座り方ですが、重心の位置が人によって異なるので、心地よい背もたれの位置が違うようですね。私は前のめりの重心で、つま先に重心が来るので、あまり後ろに反り返ると、いすに座っていても疲れてしまうのですね。逆に、後方に重心があり、かかと重心の人の場合、ふんぞり返ったような座り方をしても、疲れないんでしょうね。つま先に重心が来る人は、背中の真ん中辺が重心のようで、かかと重心のひとは腰と肩のようです。
いずれにせよ、わたしがこのブログでどんなにやめろと書いたところで、世の中、座席の背を最大限に下げる人はなくなるわけないですものね。
私、座高が高いので、座席の背を最大限に下げられたら、前のひとの後頭部をじっくり眺める事になります。新幹線の中で「ああ、この人の後頭部、へっへっへ。」とか、ずーっと思い続けるんでしょうね。

takashi

本題と離れるかもしれませんが
> さて、えきねっと。どうもいまいち、使いづらい。URLの最後が「aspx」なので、マイクロソフトのサーバなのだな、とわかる。使いずらさの例としては、インプットをユーザが間違えて、次に進もうとする場合、エラーを表示するページが次に現われる。
嫌いなのはわかりますが、MSのサーバーであることと使いづらいことが相関しているかのように書くのは、フェアじゃないように思いますが。

takashiさん、コメントありがとうございます。
> フェアじゃない
ご指摘の通りですね。
別にマイクロソフトのサーバであるから使いづらいとは全然思っていなかったので、一行追加しました。Ajax.NET をIISの前に置いて、ユーザに便利なサイトに出来るのだから、そうして欲しいものだ、という意味合いです。

あきお

新幹線はともかく、バスや飛行機(のエコノミー)では、
前の人がリクライニングを使わなくても膝があたる体格の私としては
何も確認せずに座席を倒す人が不思議でしたが、
「倒せる限りは当然の権利」って思ってるんですね。

けっこうビックリしました。

あきおさん、コメントありがとうございます。
> 「倒せる限りは当然の権利」って思ってるんですね。
「当然の権利」って難しいですね。ひとによって、考えが異なるのですね。マナーを大切にするなら、おそらく「当然の権利」を行使する前に、再度確認するのが良いと思います。個人的な感想ですが。

コメントを投稿する