オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

ウッソー!小学校の先生、大丈夫?

»

私は結構、速読に自信があります。普通の人と違うのは、マンガも速読できるのです。幼稚園に入る前から、おやじが少年マガジンを購入してくれたのを読んでいたようです。ひらがなとカタカナは、ばーちゃんから習いました。ルビがついているので、ひらがなとカタカナさえ読めれば、マンガは読めたんですねぇ。少年マガジン50円だったからなぁ。5000年ほど前のことです(うそ)。

で、昨日帰宅時に「ビックコミック 01/25号」を購入して、電車で読んだんですけど、20分ぐらいで読み終わり。マンガ雑誌の記事はマンガ速読のテンポが狂うので普段は読まないんですが、昨日はまだ時間があったので、「”かげ”山英男の小学生検定 (”かげ”の字はこざとへんに、旁(つくり)は人に長)」を読み、びっくり!

まず現在、「日本の都道府県の位置と名前は教科書では教えない」

ウッソー!

「福」のつく県名を、3つ漢字で答えましょう(標準時間:20秒以内)

まあ、誰でもわかるわなぁ。でも、福島県の「島」の漢字は小学3年生で習うが、福岡県の「岡」と福井県の「井」は小学校では習わない!

ウッソー!!

この「かげ山氏」が某国立大学の教育学部で夏季の集中講義をした際、

「富士山が何県と何県にまたがっているか、正しく言う自信のない人」と聞いたところなんと5割が「はい!」と挙手。 

えェー、ウッソーォ!!!

こうした学生が新任の先生として小学校に赴任します、だって。私は残念ながら子供はいませんが、この国の将来にちょっとだけ不安を感じました。

みなさん、47都道府県、位置と名前わかりますよね。都道府県庁所在地も、大丈夫?

Comment(8)

コメント

さやま

日本人なのに県も知らないなんて…
と思いましたが不安なので思い出してみると
結構頭の中で消えていました。
山形,宮城,栃木,静岡,石川,三重,滋賀,奈良,岡山,島根,徳島,愛媛,熊本
これらの県が思い出せませんでした。

通りすがり

>山形,宮城,栃木,静岡,石川,三重,滋賀,奈良,岡山,島根,徳島,愛媛,熊本
>これらの県が思い出せませんでした。
よく聞きますね
たとえば、「えっ琵琶湖って京都ですよね」とか(笑;
 
いや 通りすがりの滋賀県民です

通りすがり2

47都道府県全部漢字で正しく書け、だと無理。
栃木とか新潟とか岐阜とか愛媛とか、
パソコンでなら変換できるけど、手書きだとたぶん書けません。
「鳥取」を正しく書ける確率は50%。

漢字でなければ大丈夫です。たぶん。

さやまさん、通りすがりさん、通りすがり2さん、コメントありがとうございます。
 
「滋賀県って、あのスキー場のあるところでしょ。」って言われたことがあります(私、もと、滋賀県民です。たしかにスキー場はありますけど、滋賀高原とは書きません!)(涙)。
 
漢字は私も無理です。鳥取なのか取鳥なのか、一瞬迷いません?でも、書くとわかりますよね、自分の間抜けなところ(笑)。鳥取県の皆様、すみませんです。 m(_ _)m

とおりすがり3

算数ですと分数なんかも似たような状況かと思いますね。 30年前の小学生あたりだと知ってて当然のことを教わってない(授業聞いてない?の可能性はありですけど)ので、まるで耐震強度不足のマンションみたいですよ。 これで良く分数がわかるな、仮分数、帯分数、小数点の書き換えとかやってるなと。 授業参観してみるとわかりますが、40分授業の最初の15分くらいは児童のテンションあげるための雑談っぽい導入に、次の10分がこれからやることの説明とか、本当の授業に相当する時間はおそらく10分やそこらのようですから、子供の性格によっては40分間、テンションあげ中の雑dんのまま楽しんじゃって、どこが授業だったのか気にもしてなければ、理解もできてないんでしょうね。 理科や社会より、漢字と計算の日々がえんえんと続くところも気になりますよ。 サービス業じゃないんだから、児童のテンション上げの時間は授業開始のチャイムでいいハズですし、自分が小学生時代は先生も恐い人いたので、休み時間が半分過ぎたあたりから、それだけでテンションあがったもんでしたけど。 どうも恐い先生はいないそうですよ。

とおりすがり3さん、コメントありがとうございます。
 
ふーーーーーっ。そうなんですか。言葉に、ならないや。
 
まあ、分数とか苦手でも、たくましくて、丈夫で、やさしいひとたちに成長してくれれば、うれしいんですが、そっちの方がかえって難しいのかな。。。。。
 
ま、暗くなってもしかたないので、きょう私が投稿したブログの先のYouTubeの、弊社チョウ格安制作費プロモーションビデオでも見て、笑ってください。
m(_ _)m 
 
http://blogs.itmedia.co.jp/daitaian/2007/01/youtubesolaris__f1b5.html

ぴぴ

ご投稿内容と少しずれるんですが、小学生の子供がいる知人と話していて、
<その1>
知人「ボタン付けはいつも旦那がやってるの」
私「小学校も3年になったら、自分でつけさせたらいいのに」
知人「ボタン付けは5年生まで習わないんですよ」
<その2>
知人「子供が『○○って何?』って聞いてうるさいの」
私「辞書で調べさせたらいいじゃないですか」
(私自身、何を聞いても親から「辞書ひけ」と言われて育ったので)
知人「辞書は、小学4年まで使わないんですよ」

う~、そんなの、学校で教えてもらわないといけないもんなんでしょうかねぇ。
で、学校も頼りないとなると。。。

ところで、とおるさんが滋賀県民だったというのは、野洲にお勤めだったのでしょうか?

ぴぴさん、コメントありがとうございます。
 
<その1><その2>とも、小学校で習うまえからやってました。ボタン付けは、ばーちゃんや母親がやってたのを教えてもらったし、辞書(辞典)は買ってもらった日から勝手にひいていたしなぁ。「学校で教わってないから」っていう発想が不気味だね。
 
はい、野洲に勤めてましたよ。たまに新幹線で関西地方に行くとき、昔IBMのロゴが新幹線で見えたのに、いまは京セラさんのロゴになり、思い出だけになってしまったかと、寂しく思ったりします。

コメントを投稿する