オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

マイナンバーカードの普及状況と消費活性化策について

»

デジタル・ガバメント閣僚会議は2020年6月23日、「マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤抜本改善ワーキンググループ(第1回)」を開催しました。

この中から、マイナンバーカードの普及状況と消費活性化策を中心に紹介したいと思います。

マイナンバーカードの普及状況は累計交付実施済数は5月末時点で2,133万となっています。人口に対する交付枚数率は16.7%となっています。

コメント 2020-07-04 140908.jpg

出所:デジタル・ガバメント閣僚会議 2020.7

区分別交付率上位10位(令和2年5月31日時点)をみると、都道府県で最も進んでいるのが宮城県、東京が続いています。

コメント 2020-07-04 141011.jpg

出所:デジタル・ガバメント閣僚会議 2020.7

全体スケジュールでは、(マイナンバーカード交付枚数(想定)では2023年3月末には、ほとんどの住民がカードを保有することを想定しています。

また、マイナンバーカードの健康保険証としての医療機関等の利用環境整備し、2021年3月末には、健康保険証利用の本格運用と医療機関等の6割程度での導入を目指しています。

出所:デジタル・ガバメント閣僚会議 2020.7

マイナポイントによる消費活性化策については、マイナンバーカードの普及やキャッシュレス決済の拡大を図りつつ、個人消費を下支えする取り組みを勧めています。

コメント 2020-07-04 141305.jpg

出所:デジタル・ガバメント閣僚会議 2020.7

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する