オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界市場シェア33%を維持するAWS、Microsoftは前年比3%増の18%、高い成長率で追いかけるのがGoogle、Alibaba、Tencent

»

米調査会社のSynergy Research Groupは2020年2月4日、第4四半期のクラウド市場の事業者の位置付けを公表しました。

Incremental Growth in Cloud Spending Hits a New High while Amazon and Microsoft Maintain a Clear Lead

スクリーンショット 2020-02-09 21.26.21.png

出所:Synergy Research Group 2020.2

本調査によると、クラウドインフラストラクチャサービスに対する第4四半期の支出が前四半期より28億ドル増加しています。

市場の成長率は37%で、前年比と比べると成長率はゆっくりと下降傾向にありますが、これは市場が大規模にし、成長率を緩やかになっています。

Amazonのは世界市場の33%のシェアを維持しています。2位にランクされたMicrosoftは市場シェアは前4四半期と比べるとほぼ3パーセントポイント増加し、18%に達しています。

これら2つの市場リーダーを追いかけるのが、Google、Alibaba、Tencentで、市場全体の成長を大幅に上回り、市場シェアを伸ばし、収益は前年比で50%以上増加しています。

IBM、Salesforce、Oracle、Rackspaceの4つのクラウド事業者はかなり高い市場シェアを持っているものの、ストロングニッチプレーヤーの位置付けとなり、低い成長率にとどまっています。

2017年と比べると2019年の市場は約2倍と成長しており、その中で、上位事業者の成長が顕著となっており、市場の支配率は高まっています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する