オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

ほぼ毎週講話:やらなきゃいけないことをやるためのしくみ・儀式

»

年初に社内で「型を作る」という話をした。今までで一番地味な年初の話の内容だったと思う。(詳細は次エントリーで)

ことあるごとにこの話をしようと思い、今日の全体会議ではこんな感じ。

***************************************************************

やらなきゃいけない、って頭ではわかっているけど、いつの間にかやらなくなってしまうことって、ありますよね。そういう時は、みなさん、どうやって、やらなきゃいけないことをやろうとしていますか?

例をあげましょう。私の場合は整理整頓が苦手です。
やればよいたったひとつのこともわかっています。
それは、「今出したものを元あったところに戻す」ということです。
この大変シンプルなことを、私は物心がついた頃から苦手としています。
それをなんなくやれる人を羨ましく思います。

例えば、料理人。
カウンターでよく彼らの包丁さばきを見るのですが、恐ろしいくらいに包丁の片づけはシステマティックです。使ったら必ず包丁を洗う、拭く、定位置に置く。私だったらすぐまた包丁使うんだからと、そこらへんにポイと置きますが、絶対にそういう手抜きをしません。

カウンターで料理人を見るたびに、「あぁ、一流の味を作るためには、一流の基本動作があるんだなぁ。」と思います。そして、「私も彼らを見習って、使ったらすぐさま元に戻そう!」とその時は思うのですが、寝たら忘れています。


しかし、苦手なりに、対処法はあるので、紹介したいと思います。
まず、私のスケジュールには毎日終業時間に「片づけの時間」が確保されています。
使ったものをその時に元に戻すなら、片づけの時間はいらないのですが、出来ないのでわざわざそういう時間を設けているのです。その場で片づけられなかった時のリスクヘッジをしているのです。
しかし、その毎日の片づけも出来なかったりするので、毎週の片づけ、毎月の片づけ、という時間もとってあるのです。

さて、このように習慣づけていると言えるとかっこ良いのですが、苦手なことは苦手。
まとめて片づけることもなかなか実行されません。

そういうときにはさらにどうしているかというと、私の場合は整理整頓術の本を買います。
今さら新しいノウハウなどは必要ありません。今まで100冊近い整理整頓術の本を買っていますから、真新しい知識など何一つありません。

しかし、私にとっては、この本を買うという「儀式」がとても意味をもつのです。
ああ、またこの儀式のためだけに書籍代を使ってしまった・・・という罪悪感と、新しい本を買うわくわく感と、新しい本を1,2分しか読まないぜいたくさを味わいます。
そして、「そうなのよね、出したものを元にさえ戻せば散らからないのよね」と反芻して、明日から頑張ろうとするのです。

年初に「型を作る」という話をしましたが、覚えていますか?簡単なルールを作ることがまず重要です。継続して実行するのはさらに重要です。そしてルールから外れた時に、また再開するきっかけ作りも重要です。「型を作る」というのはこういうことです。皆さんもぜひ、仕事において「型」を作って下さい。
そして、「元に戻す」ということで何かいい案があったら私に教えて下さい。

*****************************************************************

同じことを繰り返すことがとても苦手な私が、年初に「型を作る」という私がもっとも苦手とすることを言ってしまったのだから、しようがない。

まず塊より始めよ、で、泣きながら頑張っているのだが・・・妙薬があったらお知恵をください。

Comment(2)

コメント

紙ではなくデジタルデータでコピーして使い、終わったらゴミとして処理すれば良いのでは。実物は数字で管理か置くところの形で管理されてますね。
車は、要らないものは車の中に入れないか使ったらそのままゴミとして処理してますね。

Ifreetaさん
コメントありがとうございます。そうですね、紙でもつことをあきらめたら、物は少なくなりますね。しかし・・・ファイルを正しい位置に保存する、では苦労しそう(笑)そのためにも、タブレットをもっと有効利用できるようにならねば。

コメントを投稿する