オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

フランス語のWEBサイト作成:グローバル時代でも母国語による販促効果を狙って

»
44か国語の翻訳を営むアークコミュニケーションズだが、社内にフランス語ネイティブがいることもあり、このたびフランス語での翻訳プロモーションサイトを立ち上げた

フランス語でWEBサイトを立ち上げたものの、実はひそかに英語<=>日本語の翻訳需要発掘も狙っている。
というのも、母国語をフランス語とする顧客を既に何社も抱えているのだが、現実彼らからくる翻訳依頼はフランス語⇔日本語より、圧倒的に英語⇔日本語が多い。(グローバルな企業はやはり、大部分の公用書類は英語になっている)

その目的なら、英語による翻訳プロモーションサイトだけで十分ではないかという議論もあるだろうが、経験から母国語でコミュニケーションをとるメリットを感じている。

例えば、いくら英語に堪能でも、日本の教育を受けた日本人なら、日本語による情報提供のほうが情報の一覧性という観点からも、直感に訴えかけるという観点からも適切だ。

可能であれば、客観的にその効果を図るために、母国語によるプロモーション英語によるプロモーションでどの程度違いが出るのかという、実験もしてみたいなぁなどとも思っている。

自らもWEBの多言語化を実行するアークコミュニケーションズは、日本語英語・中国語(繁体字簡体字)・韓国語でのコーポレートサイトをまず作り、44ヶ国語によるブランディングサイト英語での翻訳プロモーションサイト英語での通訳プロモーションサイト英語での日本の大学プロモーションサイト、そしてフランス語での翻訳プロモーションサイトと現在10のサイトを所有している。(ソーシャルメディアを除く)

さて、11個目はどんなサイトを作るかな・・・??
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する