オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

買いだめはしない!そのかわり、なくなったら、隣人に「分けてください!」と言う勇気をもとう!

»

意地やプライドもあり、被災者でない私は絶対買いだめをしたくない。しかし、買いだめをする人の心情はわかる。特に守るべき家族がいると、買いだめをしたくなる。私たち夫婦はよしとしても、2歳の息子に同じことをしいてよいのか、不安にならないわけでもない。

しかし、この不安がどこから来るかと冷静に分析すれば、不安は薄らぐものだ。

例えば家族の中で、食べ物を母親が保管していたからといって、子供は不安にならない。母親がいざという時に分けてくれることを信じているから。

もし自分が困ったときに、家族と同じように、隣人が分けてくれると思えば、買いだめする必要はないのだ

ところが、東京に住んでいると、ほとんどの人にとって地域のつながりはとても薄い。
私は賃貸でマンションに住んでいるが、70世帯のうち、顔と名前と部屋番号が一致する世帯はわずか二つしかない。隣にいたっては、一度もすれ違ったことすらない。

このような状況の中、隣人に頼れないと思うのは当然の心理だ。でも、本当に頼れないのだろうか?
被災者の人々は少ないものを分かち合って生活している。

頼れないのではなく、普段声をかけたこともないのに頼りたくない、こういう時だけ頼れない思っているだけなのではないか。

我が家は買いだめはしていないが、もし、隣から、お店で買えなくて困っているので、トイレットペーパーを分けてくれと言われたら、1ロールくらいは分けるだろう。断水して困っていたら、ペットボトル1本なら分けてあげられると思う。

70世帯に片っ端から頭を下げたら、どなたか融通して下さるにきっと違いない。

そう思えたら、不安はぐっと和らいだのだが、皆さんは、どう思われるだろう??
世界中のメディアが称賛しているように、日本人は少ないものを分かち合い、思いやって秩序を保っている素晴らしい国民なのだから。

Comment(2)

コメント

みんな「買い占め」の自覚は薄いのかもしれません。
何万人もの人が「これも一応買っとくか」。
ブレーキランプの点灯がきっかけとなって渋滞が発生
するメカニズムに似ているかもしれませんね。

廣江さん
確かにそういうこともありますね。普段だって買い置きと称して多めに買うことはよくあることですから。帰り道、懐中電灯を売っている人がおり、値段はリーズナブルでしたが、なんだかしゃくで買いませんでした(^_^;)この騒ぎも、一過性のものだと信じたいです。

コメントを投稿する