オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

社長の言葉ハンドブック:口ぐせを変えれば、会社は変わる!

»

会社のトップとして、言うべきことは言わなければならない。でも、こんな伝え方ってあるんだなぁと、非常に参考になった。

例えば、

■「気合い入れろ!」=>「背筋伸ばそう!」
精神面で表現するのではなく、具体的にアクションにつながるよう身体面で伝える。

■「こんな仕事、頼んじゃって悪いねぇ」=>「この仕事、やってくれてありがとう」
気配りのつもりで言ったことが、その仕事をかろんじているという間違ったメッセージとして伝わることもある。

■「なんとなく思うんだけどさ」=>「私のカンではね、○○だと思うんだ」
論理的に説明できない時でも、こう判断していると伝える

難しいのは、口ぐせは、無意識に出るので自覚症状がないことである。
そこで、自分の口ぐせは何かを部下に聞くとよいそうだ。

当然私も口ぐせはあるはずだが、意外なことにスタッフはこう聞かれても指摘できない。たぶん私がその口ぐせを使うと、「それそれ!大里さんの口ぐせは」と思うのだろうが、いきなり「私の口ぐせは何?」と聞かれても困るようだ。

むしろ、息子の話す言葉を聞いていると私の口癖がわかる。

・「大きいやつちょうだい」「きれいなやつ」=>固有名詞を使わず、やつで代用する

・「あれ、あれ!」「あれは?」=>同じく固有名詞が出てこない。。。。

・「ちょっとこっちに来て」「ちょっと読んで」=>なんでも「ちょっと」をつける

気をつけよう・・・

ところで、書き言葉にも書きくせはあるが、それはブログを読んでくださっている皆様のほうが数倍ご存知かと^^;


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する