オルタナティブ・ブログ > Mostly Harmless >

IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

ArmがIoT事業を分社化へ ~その背景とは

»

ArmがIoT事業を切り離すとのニュースが入ってきました。ただ、事業を外部へ売却するのではなく、ソフトバンクグループの直轄企業となるようです。

Armはチップ設計に集中、大成功中のIoT事業は分社化してソフトバンク直轄に

ただ、ちょっと変なのは、今回の組織変更が「Armから提案した」という形になっていることです。ソフトバンクグループ内の事業再編ですから、ソフトバンク本体が事前に知らないはずはありませんし、こんな重要な再編であれば、むしろ本体が主導するのが普通ではないでしょうか。何故Armが提案したことになっているのでしょうか? 現にArm Treasure Dataのブログでは、

本件については今後、各国での対応なども含め様々な協議を行い、取締役会による承認が行われた後に、2020年9月末までに譲渡が完了する予定となっております。

となっており、もう隅々まで話はついているようです。どうも、いろいろな事情がありそうです。

internet_mono_things.pngIoTをソフトバンクグループの中核として位置づけ

今回切り離すのはIoTプラットフォームとCDP(カスタマーデータプラットフォーム)事業ですが、これらはソフトバンクグループにとって大きな意味を持っています。ずいぶん前ですが、こんな記事を書きました。

Arm Pelion が IoT 企業の DX を後押しする

IoTプラットフォームとCDPの組合わせにより、ソフトバンクは顧客に対してAmazonに対抗できるソリューションを提供できるようになるのです。これらはソフトバンクグループが描く戦略の中で、重要な位置を占めているはずです。その点では、この再編によって今後IoT/CDP事業がソフトバンクグループの直轄になるわけで、むしろそのほうがすっきりします。

そもそも、チップ開発を本業とするArmにIoTプラットフォーム、そしてさらにCDPまで持たせるというのは、ちょっと違和感がありました。最初はArmをチップからプラットフォームまでをカバーできる総合IoT企業にしたかったのかもしれませんが、無理があったということでしょう。Arm自身が「やっぱりこの仕組み、ちょっとおかしいかも」となり、親会社に「提案」するという形になったのではないでしょうか。

ビジネス環境も変化しています。最初の記事のタイトルには、「IoT事業が大成功中」とありますが、WSJではネガティブな報道も出ています。

存在感を増す Arm、IoT では苦戦?

IoT市場の拡大が、ソフトバンクの当初の想定よりも遅れているというのです。

さらにArmはアメリカと中国の貿易戦争に巻き込まれるなど、中国でのビジネスに不透明感が漂ってきました。中国は今後RISC/Vへ向かう可能性があり、そうなればIoT用プロセッサの勢力図はかなり変わってきます。IoTでの優位を保つため、プラットフォーム事業を切り離してチップ開発に専念しなければまずい、という事情もあるでしょう。

Arm再上場への布石か?

一方で、今回の分社化は、かねてよりソフトバンクが計画しているArm再上場のための準備という側面もありそうです。

5年前後で英Armの株式を再上場――ソフトバンクグループ孫社長が言及

2018年に「5年程度」と言ったということですから、2023年あたり。あと3年ですね。再上場を目指すのであれば、そろそろ業績を安定させておきたいところです。

しかしArmの業績はソフトバンクに買収された後芳しくない状況が続いており、その原因がIoT事業への先行投資だと言われています。

ARMはソフトバンクGによる買収後に利益減少が続く。いったいどこへ向かってる?

売上も伸び悩んでいるのですが、利益が大幅に落ち込んでいます。ただこれは、ある程度はArm買収時に織り込み済みです。

ソフトバンクがArmを買収したのは2016年7月。そのときに孫さんはイノベーションのための投資を拡大し、5年のうちにArmの従業員を倍増すると言っています。厳しい開発競争に晒されていたArmをいったん株式市場のプレッシャーから開放し、短期の利益に惑わされず、じっくりとIoTビジネスを育てる環境に置く、ということでしょう。しかし、ビジネス環境の変化がそれを許さなかったのかも知れません。

他の事業が好調であれば、Armの再上場を急がなくても良かったのかも知れませんが、折悪しくコロナの影響もあってソフトバンクは投資事業で巨額の損失を出してしまいました。できれば予定通り再上場させたい、と考えたとしても不思議ではありません。

Armの再上場のためには、業績の足枷となっている事業を分離して身軽にしなければなりません。今回の事業再編の裏には、さまざまな事情が絡んでいそうです。

【2020.7.14追記】今朝書いたばっかりだったのに、WSJでこんな記事が出ていました。有料会員限定なので、詳細はわかりませんが。。

ソフトバンク、英アームの売却など選択肢検討

 

「?」をそのままにしておかないために

figure_question.png時代の変化は速く、特にITの分野での技術革新、環境変化は激しく、時代のトレンドに取り残されることは企業にとって大きなリスクとなります。しかし、一歩引いて様々な技術革新を見ていくと、「まったく未知の技術」など、そうそうありません。ほとんどの技術は過去の技術の延長線上にあり、異分野の技術と組み合わせることで新しい技術となっていることが多いのです。

アプライド・マーケティングでは、ITの技術トレンドを技術間の関係性と歴史の視点から俯瞰し、技術の本質を理解し、これからのトレンドを予測するためのセミナーや勉強会を開催しています。是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

「講演依頼.com」の「2018年上半期 講演依頼ランキング」で、3位にランクされました!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する