オルタナティブ・ブログ > 中村昭典の気ままな数値解析 >

●人、●%、●億円…メディアにあふれる「数値」から、世の中のことをちょっと考えてみましょう

【723万円】理想年収のデフレ化に透けて見える、親の影

»

 新入社員の頃、飲み会の席などでよく出る話題として、結婚相手の年収ってのがありますよね。ちょっと古すぎる話になるかもしれませんが、わたしの世代だと「結婚するならぁ~できればぁ~年収は1000万くらいは欲しいわぁ~♪」みたいな話が、結構違和感のないラインだったと思うわけですが、今はどうも様子が違うようですね。

…(前略)…35歳時点での『理想の年収』の加重平均は、過去最低となった昨年の731万円をさらに下回り、【723万円】となりました。現実を予想した年収も586万円で過去最低を更新しています。この質問は2000度調査から聞き始めており、2000年度と今年度の理想の年収の回答結果を比較すると、「1000万円以上」が大幅に減り、「600万円台」が大幅に増えていることがわかります…(後略)…

2010年度「新入社員の会社生活調査」産業能率大学調査より一部引用

 実年収が下がり続けている実情がきっちり反映されている結果、ということなんでしょうが、これが「理想」だといってしまうところが、何だかもの悲しい感じがしてしまうのはわたしだけでしょうか。
 
 ちなみにわたしの時代と今とで、どれくらい物価が違うかを調べてみました。わたしが新入社員だった1984年:86.3 → 2009年:100.3 (いずれも消費者物価指数・総合、総務省統計局)となっています。つまり物価は15%程度上がっているということですね。でも期待したい(期待できる?)年収は下がっている。もちろん1000万もらえるものなら欲しいよね、というのが本音なんでしょうが、現実を目の前に考えると、それは厳しい。ここに閉塞感が詰まっている、ということになります。
 
 わたしを含む1970~80年代に就職した世代では、その「理想と現実」のギャップを埋めようとあがくのが、サラリーマン像だったと思います。またそれができた。「がんばれば年収1000万」というのは、決して描けない夢物語ではなかったと思います。仮に現実は1000万円に届かなくてもでも、追いかけられないラインじゃないと多くの若者が思っていたはずです。でも今は「理想は理想、現実は違う」ということなんでしょう。つまり、「夢が描きにくい」時代になってしまったのかと。
 
 ::: ::: :::
 
 先日、ある就活を終えた学生に質問してみたら、「年収の目標は500万円」ときっぱり答えたので、少し驚きました。彼は「年収は高い方がいいけど、現実は厳しい」と言いました。また「年収だけがすべてじゃない」とも言いました。それはわたしも同感です。シアワセの価値観は、決してお金だけで決まりません。わたしも30年近く社会人してきましたので、それは実感持って理解しているつもりです。でもね。うーん。そんなもんかなぁ。
 
 それと、気になったのが、彼と話している中で出てきた「住む家はある」という話。端々に、親の影が見え隠れしているのです。就職を自宅から通える会社で考えている彼にとっては、
「親がいる」というのが無意識の条件でイメージされているということです。その前提で、「500万あれば十分」という組み立てがされているんじゃないかと。たまたま彼が特殊な存在なのかと思いましたが、わたしが日頃追いかけている就活生の姿から考えると、あながちレアな考え方ではないように感じます。だとすると、結構危険だなぁと。「いつまでも あると思うな 親と金」という言葉を思い出してしまうわたしは、単にオジサン化しているということでしょうかね。。。

Comment(10)

コメント

Fufuhu

僕自身も学生ですがそういった甘ちゃんがたくさんいますね。
頼れる人間が一人でもいる人が羨ましいですねぇ…
自分には頼れる対象もなければ、帰る場所もないですから。

年収の目標が500万円っていうのは今時の学生としては珍しくない額だと思っています。
私自身も業界ではトップクラスの企業に内定を頂いていますが、500万円を将来的にもらえるか
と言われると…これからも日本がどんどん衰退していくのを考えれば少々厳しいかなと…・

これから社会に出て行く世代っていうのは好景気なんてものを知らない世代で、
生まれて以来ずっと社会的にバカにされ続けてきた世代ですから強い上昇思考も持っていません。
唯一の利点はお金にがめつくないこと、経営者にとっては安く使い潰せる都合のいいものなのかもしれませんね。

nozomi

帰れる場所があるならそこに住まない理由はないでしょう。
わざわざ高い金を払ってまで一人暮らしをして、それで得られるのは安い自己満足だけです。
一人暮らしなんて、ただの贅沢ですよ。

もちろん両親が亡くなれば何らかのアクションは必要になりますが、
でしたらそれこそ家賃の分を貯蓄に回して備えるべきではないですか。

山田一雄

国民のリクルートを妨害する企業、リクルート社
また「失業や貧困の増大は、国民や弱者の甘えで自己責任である」と言う記事か。そんな記事は決して読みたくない。

山田一雄

人の迷惑や人権を無視して押し売ろうとする記事
貧困の増大を弱者に責任転嫁する、弱者イジメばかりの記事
国民のリクルートを妨害する企業、リクルート社

そのような記事や雑誌を私は決して読みたくない

こちゃ

サラリーマンの平均年収、都市部410万、地方385万と言う事実をみんな認識してきたと思えばいいんじゃないんですか?  それを考えると年収500万と言うのは目指す価値の無い値だとは思えないんですがね。  親の家に住んでるから年収500万で良いと答えている?昔の人は親の家から仕事に通ってる人はいなかったのですか?

 現代の若者は、、、この記事には悪意すら感じます。

山田一雄

住居費を減らすため親と同居している貧困層
低賃金の労働者・増大する非正規社員

そのような弱者や貧困層をスケープゴートにしたり、甘えや自己責任にする
そのための国民を欺くための記事ですよ
ヤフーやリクルート社の記事は特に、権力側から国民や弱者を監視する記事が多い。派遣法を改悪したのもリクルート社です。国民や弱者のリクルートを妨害する企業、その名は白々しくもリクルート社!

みず

この「500万円」って、何歳時点のことでしょうか。
定年時の年収が500万円だともうちょっと夢を見てもいいんじゃないかと思う反面、
20代のうちに500万円を目指すのであれば十分意欲的だし、
初年度で500万円を目指して就職活動をしているならもうちょっと現実を見ろという気も。
生涯の出費の中で非常に大きな部分を占める住居費が、賃貸+購入ではなく、リフォーム、ないし建て替えで済むのであれば、必要となる生涯年収が大幅に異なるのも当然です。
立地は生涯住み続けるのに問題なく、相続で揉める兄弟もいないのでしょう。
介護の問題もありますし、一概に親に甘えているとは言えないと思います。
ついでに言えば、いま就職活動している年代ならば、夫婦共働きを前提に考えていると思います。となれば、稼ぎ手が一人が年収1000万で家族を養うよりも、家庭のことも十分にできる働き方で共働きし、夫500万+妻500万で世帯年収1000万円の方がいいという考えもあるでは?

山田一雄

日本が終戦直後貧しかった時代は、米国の傘下で資本主義による物質的な豊かさを目指す必要があった。だが今は再び資本主義による失業や貧困の増大が深刻化する社会だ。

今はこれ以上の弱者や国民・労働者イジメは手加減してやれよ!
私の迷惑や人権を無視した記事や雑誌を書くのも止めろよ!

hiro

ずいぶんと盛り上がってますが。。
個人的な感想としては、現実はさておき、理想ですら自分の身の丈に合わせてしまう、ということに対する驚きと、そういう風に考えざるを得ない今の日本社会に対する寂しさですね。

もっとも、自分にもそういうところありますが。
30代前半、就職氷河期に社会に放り出された世代ですので。。

ちなみに自分は、両親健在で実家もありますが、経済的に完全に自立したい派です。
現代においてはマイノリティーなのでしょーかね。

taka56

私は来年就職の院生ですが、卒業していった友人たちの中に
「実家があるから家賃いらない~」などという思考を持った人は一人もいません。
会社から住宅手当は出ませんし、就職先(東京)周辺に住むにも高すぎます。
むしろ親に頼らず自力で学費を払うため奨学金などを借りてた人が多く、
その返済などもあって1人暮らしはできないというのが私の周りには多数です。
それに自宅通勤ならば家に3~5万程度は入れているようです。

家が高くない地域・そして志望度は低いけど住宅手当が出る企業に就職すればいいのでしょうかね。
それこそ年収1000万より夢のない話のような気がします。
完全失業率が5.2%にもなり、就職できるだけでありがたいのに年収云々言っている余裕は正直ないとも思いますね。

コメントを投稿する