オルタナティブ・ブログ > 中村昭典の気ままな数値解析 >

●人、●%、●億円…メディアにあふれる「数値」から、世の中のことをちょっと考えてみましょう

【2万人】 派遣切り問題の被害者は、派遣労働者だけだろうか

»

 景況感の悪化に伴って、連日報道されている「派遣切り」の問題。解雇を通告された派遣労働者の数はどんどん増え、年度末には数十万にもなるという予測まであり、深刻な社会問題化しています。これに対して、経済ジャーナリストの財部誠一氏が論評を発しています。

  • 自動車業界を中心に凄まじい数の非正規労働者がクビを切られている。自動車業界だけでも【2万人】を優に超える。それも契約期間の途中で、いきなり解雇だ。年の瀬を目前に突然、寒空に放り出される人々の憤激と不安はいかばかりであろうか。クビを切られる側がクビを切る側に、厳しい叱責を浴びせるのは当然のことだ。

  • だが、マスメディアが安っぽい正義感を振りかざして、 “派遣切り批判”を扇情的に繰り返す姿こそ批判されてしかるべきだ。 いざという時に雇用調整に踏み込むことは、企業として当然の経営判断だ。

     nikkeiBPnet 財部誠一の「ビジネス立体思考」2008年12月12日より一部引用

 突然、ましてや雇用契約期間内の解雇を言い渡された労働者が顕わにする、解雇通告をした企業への憤りは、心情的に理解して余りあるものです。それには理解を示しながらも、問題の本質は違うと一刀両断し、派遣切りした企業を批判するマスコミの報道に対して、痛烈に批判を浴びせています。

 ::: ::: :::

  • 問題の本質は派遣切りをしている企業の体質ではなく、法制度にある。たしかに契約期間満了前に職場を追われる派遣労働者にしてみれば、理不尽きわまる差別行為となるが、現状の法制度のもとでは、違法ではない。一方、企業にしてみれば、あくまでも法律が定めるルールのなかでの判断だと言わざるを得ないだろう。

    …中略…

  • 厳しい国際競争をしながら、定められたルールのなかで雇用調整をした大企業に、情緒過多の非難を国中で浴びせることが、最終的にどのような結末につながるか。マスメディアは思慮がなさすぎる。

    …中略…

  • 需要急減時の雇用調整は世界の常識だ。100年に一度の経済危機といわれ、事実、とんでもない勢いで販売台数が激減している自動車業界にあって、いつでも解雇可能な雇用契約をしている派遣社員を解雇しただけで、極悪非道の扱いをうけたのではたまったものではない。

     nikkeiBPnet 財部誠一の「ビジネス立体思考」2008年12月12日より一部引用

 ::: ::: :::

 つい先日、近隣に住む後輩と話をする機会がありました。彼はフリーター期間中に資格をとって、正社員になりましたが、厳しい環境下でリストラの危機に戦々恐々としながらも、必死に耐えて仕事に取り組んでいました。彼は、クビになった派遣労働者に対して、「あまりに急で、契約期間内の解雇は非情であり、同情はする。でも、派遣である以上、それは受け入れなければならない。いやなら、正社員になればいい。彼らが全員、易きに流れた選択をしてこなかったと言い切れるだろうか。選り好みしなければ、正社員の道があったのではないだろうか。僕には守るべき家族がある。今、職を追われるわけにはいかない。僕は、仕事の中身ではなく、正社員として働けるかどうかで転職活動をした」と話していました。厳しい言い方なのかもしれませんが、私は彼のキモチに同感するものがあります。

 ::: ::: :::

 見方や立場を変えてみると、いろんな考え方ができます。確かに、解雇された派遣労働者=被害者、解雇した企業=加害者という図式は、一面的なものの見方なのかもしれません。そうした意味では、以前取り上げた学生の内定取り消しと同じような側面を感じます。ただ、今大事なことは、誰が加害者で誰が被害者かを議論することでもければ、加害者を非難することでも、被害者に同情することでもない気がします。みなさんはどうお感じになりますか。。。

Comment(6)

コメント

■派遣切りは大変革前の序曲に過ぎない-本当の大変革の時は天皇家が動く?
こんにちは。今回の金融危機による実体経済への影響は、おそらく来年3月から4月にはっきりしてくると思います。今の危機は金融危機直後の信用保証の問題と、それに付随した問題による危機にすぎません。そうなると、派遣切りなどとは比較にならない規模の大リストラが起こる可能性も大です。日本にとって、第二次世界大戦以来の国難になる可能性も大きいと思います。日本では、本格的な困難になると、必ず浮上してくるのが、天皇家です。そういった意味では、今後の天皇家の動向は重要なメルクマール(目印)となる可能性が大です。私は、今後の日本の動向を占う上でも天皇家の動向には注意を払っていきたいと思っています。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

yutakarlsonさん、早速のコメントありがとうございました。
とにかく今以上の被害が出ずに事態が沈静化することを願うばかりです。

おおた

後輩氏のお話は確かに正論なんです。しかし、だからといって『誰も幸せになれない』言葉じゃないか、と思うんです。というより、「かつての自分」に対する共感どころか、優越感めいたものすら感じます(まあえてして人間そんなもんですが)。
 それに、『正社員の求人倍率』がこの前までの「空前の好景気(苦笑)」で1倍を越えた、という話を私は聞いたことがありません(お約束として、全体の求人倍率の半分程度が正社員求人倍率)。つまり全員が「選り好み」しなかった場合、誰かが「易きに流れた選択」をしてくれないと正社員になることはできないはずなんです。後輩氏は確かに努力されたかもしれませんが、それはもしかすると「易きに流れた選択」をした人のおかげかもしれないんです。

おおたさん、コメントありがとうございます。
 
> 後輩氏は確かに努力されたかもしれませんが、それはもしかすると「易きに流れた選択」をした人のおかげかもしれない
 
確かにそうかもしれないですね。社会はフリータやニートという選択を否定気味に語りますが、その一方で、そうした人材を活用することで人件費抑制を実現しているという現実もあります。
全員が正社員を選り好みせず目指すなら(現実的な仮定ではありませんが)、多くの企業は成り立たなくなってしまうでしょう。
 
いろんな見方があるという一面を示したくて後輩の話を引用しましたが、一方でおおたさんの見方もまた一面だと思います。貴重な意見をありがとうございます。

ちあこー

私は、去年の1月から 大型工業機械系の電線
会社の派遣社員として今年の8月上旬まで仕事していました。契約途中での解雇です。今年の
5月下旬には仕事が落ち込み、派遣会社の担当に相談いたしました。仕事が少ないのでなんとか
ならないかと。私は、やむを得ず 有休などを使い
仕方なく休みました。本当ならば、こんな事はしたくなかったです。派遣先の会社のやり方にも問題
がありました。下請け会社がいくつかあり、自分たちの会社よりも、下請けに仕事を回す始末。
そのせいで、私の仕事が少なくなり 結局、業務
拡小の為、終了になりました。派遣会社は、雇用保険、社会保険に加入したので、ハローワークで
手続きして失業保険はもらえました。しかし、
次の仕事を紹介してはもらえませんでした。景気もわるいせいなのか、私の資格も通用しなかった
のと思えます。資格を取りたかったのですが、
毎日の仕事、通勤で体はボロボロです。勉強
する時間なんてありません。毎朝、5時過ぎに
起きないと食事して、通勤が間に合わない場所
でしたので、余裕なんか無いです。

次は、正社員で探していますが えり好みしなければ有ると、誰もがおっしゃいますが、面接官でも
この人は、本当にこの仕事にやる気があるかどうかすぐに見分けられます。何処でもいいから
などと中途半端に決めると返って、不採用に
なりやすくなると思います。こういう時代だから
こそ、生活に少し余裕のあるかたは 改めて
自分が何をやりたいかを明確にして、新しい
事に挑戦するべきだと思います。資格が
ないと就けない仕事もありますが、資格なんか
無くても仕事はあると思います。私は、来年
1月くらいまでが、お金の余裕がないので
アルバイトでも探そうかと思っています。正社員
は景気が安定しないと、厳しいと思っています。
長々と失礼致しました。

ちあこーさん、読んでいただき、またコメントを寄せていただきありがとうございます。
 
このエントリーを書いてからも、派遣という働き方を選択している方から多数の声を聞き、私が想像している以上に厳しい現実を知りました。同時に、誰のせいとか、どうすれば解決できるとか、簡単に言える問題ではないということも実感しています。
正社員の採用も派遣以上に厳しい選考がされており、求人対象の職種に対する知識・技能とやる気を同時に求められますので、ちあこーさんが書かれている通り、「どんな仕事でもいい」という人は「じゃぁ他でもいいでしょ」と思われてしまうのかもしれません。
 
でも、私の知っている限りで申し上げれば、専門性が高い職種はともかく、最終的には「やる気」が一番という求人が多いのではないでしょうか。人事担当者の本音は、ここに尽きます。ただ、問題はここからです。応募者は全員、「やる気はあります!」と言うでしょうから、自分が他の人よりもやる気があると伝える努力・工夫こそが必要になります。
そのためには、自分が持っている経験から、「この仕事を自分に任せてくれればきっといい仕事しますよ!」と思ってもらえるようなエピソードを具体的に描いておくことをおすすめします。どんな仕事でも、仕事外のことでも、ちあこーさんがこれまでに一生懸命になれたこと、評価されたこと、得意なこと、自信があることなどを具体的な事例で話せるようにすることが、すごく大事だと思います。
 
今は大量の派遣解雇者が出ていますので、タイミング的には大変難しいのかもしれませんが、何もしなければ何も変わらないので、アルバイトなどでつなぎながらも、あきらめずにがんばってください。そして、常に、「自分は何がしたいのか」を考えるようにしてください。思いは必ずかないます。
 
来年が、ちあこーさんにとって、少しでも良い1年になることを願っております。

コメントを投稿する