オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「叱り方」と「ストレス対策が上手になる方法」について

»

私が編集支援している人気コラムニスト津村彰氏のコラム"「叱り方」と「ストレス対策が上手になる方法」について"がKCCSキャリアテックで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
インフラエンジニアの津村です。
皆さんは、「叱る」と「怒る」の違いを、知っていますか?
今回は、「スキルアップに必要な叱り方」について考えてみます。

◆「叱る」と「怒る」の違い

実は、何かを学習するのに、怒りは必要ありません。
「間違えたら怒鳴られる/キレられる、だから・・・」という考えを持っている方は、実際多いようです。

しかし、それは怒ってる方が、ただ機嫌が悪いからではないでしょうか?
実際には、怒る/キレる必要の無い場合に、つい感情を一緒に吐き出してしまう方も多いです。

◆「叱る」って何?

本来の「叱る」には、実は怒りの感情は必要ないと思っています。
「Aという事があった。結果Bとなった。それに対し、Cという問題があり、Dという対策をして欲しい。」
これが、叱るのテンプレートです。

もちろん、Aの事象に至るまでに、相手にはきちんと何か言い分があります。
これを上手く引き出せる関係を築いていないと、嘘を言われてしまいます。
そうすると、問題Cも対策Dも、成立しなくなります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/column/2019/tumura/shikarikata-sutoresutaisaku.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する