オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

この先どうなる?インターネット決済

»

谷川さんがインターネット上の課金方法について書いていらっしゃいます。

課金方法について考える(むささびの視線)

現実世界に目を向けると日本国内では現金の支払が非常に強いと言われます。これはコンビニなどに24時間のATMが設置され、条件によっては安価な手数料で利用できることが一因です。

それだけでなく現金を家や手元に置いておく際のリスクが低い、すなわち強盗や空き巣が少ないということも現金の流通を促進します。また、偽札が少ないということも同様に現金を使いやすくします。自動販売機に高額紙幣が入ることも、どこのお店にいってもお釣りが準備されていることも同じく現金を使いやすくします。

このため日本では一定の金額よりも高い商品やガソリン等を購入する時を中心にクレジットカードを使い、普段は現金を中心にしているという人が少なくありません。このようにするとクレジットカードの明細は高額商品など把握しやすいものが中心になるため、普段の買い物を混ぜ込むと自分の買い物の履歴がチェックしづらくなることから現金とクレジットカードの使い分けがくっきりする傾向にあります。

もっとも、各種ポイントプログラムの盛り上がりにより可能な限りクレジットカードを使う人もいますが、全体から見れば少数に該当します。また、人によってはスーパーマーケット発行のクレジットカードはそのスーパーマーケットでのみ使い、集計しやすくするという工夫もあるようです。

さてそんなところに食い込んできたのが電子マネーです。クレジットカードは与信の枠の中で使うだけ使って後から請求が来るというスタイルのため、利用額が把握しづらいという特徴がありますが、プリペイド型(事前にチャージする)電子マネーはそういった心配がいりません。

そのため現実世界では、高額な決済はクレジットカード、中くらいは現金、小銭がめんどくさい小額の決済は電子マネーという使い分けが鮮明になってきました。

今後のネット課金の仕組みを予想するのはなかなか難しいのですが、まずオンラインバンキングからの振込は現行と同様にあまり好まれないと思われます。クレジットカードや電子マネーなど、BtoCの売買タイミングと、BtoBで決済されるタイミングが異なる決済手段では詐欺などがあった場合に取引を無効にするなど利用者が保護されやすいためです。

次にクレジットカードですが、信用できる店舗にクレジットカードの番号を送信することは抵抗が大きいでしょう。すると信用できる電子マネー発行者のWebサイトで自分の電子マネーにチャージし、それをネット上で利用するというスタイルが広まる可能性があります。電子マネーを1枚噛ませることでクレジットカード情報を守ることができるからです。

なおクレジットカードによる決済の仕組みですが、別の角度から疑問が呈されてもいます。

第29回 消費者委員会 (平成22年7月9日) 議事録
http://www.cao.go.jp/consumer/iinkai/2010/0709/100709_gijiroku.html

内閣府のサイトで公開されている第29回の消費者委員会議事録では「決済代行業者」が加盟店を審査する仕組みに問題があるのではないか?という意見が出されています。

現実の店舗でクレジットカードによる決済を受け付けようと思った場合、クレジットカード会社の加盟店審査を通過しなくてはなりません。これは最初の1回だけでなく、不審な点などが生じた場合にはクレジットカード会社の調査が入り不適切な加盟店はクレジットカードを扱えないようになっています。

ところがインターネットの店舗は膨大な数がありますし、入れ替わりも早いという特徴があります。また、クレジットカード会社のシステムと接続する部分についてはそれなりのインフラ投資が必要であり、小規模な加盟店では負担し切れません。

そのためクレジットカード決済代行業者がインフラを用意し、加盟店から情報を受け付けてクレジットカード会社に流すという仲介者の役割を果たします。このためクレジットカード会社にとっての「加盟店」はクレジットカード決済代行業者となり、クレジットカード決済代行業者の「加盟店」がネットのショッピングサイト等に相当します。

もし加盟店の審査が甘い決済代行業者がいた場合、現実の店舗ではとても行えないような商売、例えば殆どの人が一目で詐欺とわかるような商品を売るような店舗に対しても加盟店審査が通ってしまうということが起こりえます。消費者委員会の議事録からはそういった問題が指摘・議論されていることが伺えます。

もちろん審査を厳格化し過ぎれば個人事業主のような体制でネット店舗を運営することが非常に難しくなります。インターネット上で安心して決済を行うためにはこのジレンマを乗り越えていかなくてはならないようです。その点、AppStoreはなかなか素晴らしいなと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する