オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

オンラインで毛筆を頼めないだろうか

»

インターネットを通して毛筆を依頼して画像データで送り合うサイトがあったらおもしろそうです。

硬筆・毛筆が上手な人がいるととてもうらやましく思います。会社どころか各家庭にもパソコンとプリンタが普及しており、活字を書く機会というのは減少傾向にあると思われますが、それでも多くの人が「もっと字がうまくなりたい」と思っていることでしょう。特に結婚式では出席の返信に記帳にご祝儀と何度か筆力を試される場面があって緊張します。私も小学生の時は硬筆・毛筆とも教室に通っていたのですが今となってはごく普通レベルの字しか書けません。

子供の命名などで本格的な揮毫を頼むと結構な金額を取られるのですが、広いインターネットの世界にはタダで書いてくれる人もいそうな気がします。なんでもかんでも「広告を出す代わりに無料」というビジネスモデルになってしまうのはあまり好きではないのですが、広告収入を原資として毛筆を提供したユーザがそれなりの見返りをもらうことができるというサービスがあったらおもしろいかと思います。

  1. 依頼者はサイトで依頼を公開する
  2. 会員の何人かが作品を投稿する
  3. 依頼者は気に入った会員を選ぶ
  4. 採用回数の多い会員はそれなりの恩恵を受ける

こんな感じでしょうか。作品を投稿するといっても、墨を摺って紙に書いてスキャナで読んでとなると大変ですのでフラッシュかなにかでその場で毛筆っぽく書けるブラウザアプリだと参加しやすそうです。

これまでいくつかJAVAアプレットで動作する毛筆シミュレーションを見たことがあるのですが、あまり完成度が高くありませんでした。ブラウザアプリではないのですが、こちらの「FudeBoard」というwindowsアプリケーションはなかなか良い動きをします。(水墨画の作成ソフトです) 他にも有償の毛筆ソフトというのもあるくらいですのできっと少なからぬ愛好者がいるのでしょう。これら製品と同等レベルの性能をブラウザで実現できれば毛筆投稿サイトというのも静かなブームになりそうな気がします。

FudeBoard Software
http://www1.mahoroba.ne.jp/~matumoto/soft.html

ソースネクスト、書道ソフト『Win書道』を発売
http://ascii24.com/news/i/soft/article/2004/06/09/650003-000.html

FudeBoardで少し書いてみました。マウスでの操作はなかなか難しいですが、慣れればもっと上手に書けそうな気がします。紙も使わないのでエコですね。 本物の書道では不可能な「一筆だけ書き直し」などということもできます。

競合文書 動的リンクライブラリ 0c7

 デッドロック oracle 人月単価

仕様相違 雪風 オブジェクト変数エラー

ちなみに自分の手書きの文字を美しく補正してくれるソフトもあります。かなりすごいです。

毛筆に変換するソフト「ougishi」
http://soft.pcgenki.com/ougishi.htm

 排他的論理和

Comment(3)

コメント

ところで、0C7だと、JCL ERROR並みにすぐ直りますけど、0C4のほうが直しにくくて苦労しましたっけ。今はネットがあっていろいろ調べやすくなりましたけど、昔は情報が少なくて途方にくれましたっけ。

坂本さん、コメントありがとうございます。
作品拝見しました。線のカスレっぷりはビールに対する渇きを表現しているということでしょうか(笑)。
Win書道はスズリなどのUIも楽しげですね。タブレットで使用したら本物に近い書道気分が味わえそうです。タブレットのペンを本物の筆なみの直系1.5センチほどにしたら気分も一層盛り上がるかもしれません。
私は研修でCOBOLを習っただけですので0c4は見かけることがありませんでした。その代わりに真コンピュータ用語辞典の0c4の解説がとてもおもしろかったので引用したいと思います。
-ここから-
・汎用機において、メモリ保護例外などが発生した時などに、お目にかかれるかもしれないエラーコードのこと。

・プログラムがどういう仕組みで動いているのかを全く理解していないCOBOLerが、「なに!?」との叫び声を上げて、プログラムソースと睨めっこを始めるトリガーとなるキーワード。
・0C7でデータ例外が発生した時などは、どんなに無能なSE/プログラマでも、入力したデータなどを注意力を最大限にして血眼になってチェックすればエラーの原因が見つかりそうな気もするが、0C4の場合、「アンタのスキルじゃ、ソースを見ても無理だし、無駄じゃないの?」という周囲の視線を尻目に、やれ「ダンプを出せ」だの、やれ「ソースを出し直せ」だの、「リコンパイルをかける」だの、矢継ぎ早に意味不明な行動を起こし、その仮説を自らの行動で立証しちゃったりしているもの。
-ここまで-
0C4とは ─ よく わかるかもしれない IT・コンピュータ 用語辞典 [真・コンピュータ用語辞典]
http://glossary.tank.jp/t096B.html
より引用。

コメントを投稿する