オルタナティブ・ブログ > 平凡でもフルーツでもなく、、、 >

感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

家族が深夜救急で「今は診療出来ません」と言われ、学んだ事。

»

東京都立墨東病院を含む8病院から受け入れを断られた妊婦が脳内出血により死亡したニュースを最初に知った時には、国立・公立病院が経営効率を求められている中で医師の配置を経営効率化をしようとすれば、こういう不運に遭ってしまうのか、、、という、ある意味当事者の方の気持ちを考えない不謹慎な感想を持ったことを最初に告白しておきます。

その上で、自分が体験したことを書かせていただきます。

つい最近、家人を救急で深夜に病院に連れて行く事態が発生、結果として家人に大事はなかったのですが、日曜の深夜2時に救急窓口での対応は、

まず電話をしてから診療に来ているか?

そして、

現在当直の医師は別な患者を診ており、すぐ診療できないので、他の病院に行って欲しい。救急対応のコールセンターの番号を教えるので自分で電話するように。

というものでした。

わたしはすぐその場で電話をしたのですが、残念ながら電話は繋がらず困っている所で、救急病棟の入り口に患者の搬送を終えた救急車が止まっていたので、救急隊員の方に、どこか診療してくれる病院への搬送をお願いしましたが、この救急車は今搬送を終えた時点の事務処理をしているところなので、自分で電話をしてまず病院の空き状況を確認してくださいというものでした。

コールセンターが電話に出ないという事を救急隊員の方に告げると、この近所であれば、こことここが救急対応してくれるはずとのことで電話番号を教えていただき、直接病院に電話をして医師の方に状態を告げ、診療してもらえることを確認してから、そちらの病院に向かったのでした。

日曜深夜の救急病棟は、必要最小限だけの照明で閑散としており、昼間に見る高度医療を提供できる大きな病院とはまったく別な印象であり、目の前に最新鋭の機器が並んでいる様子が、「現在は診療できません」という言葉を聞いたとたんに、自分には単なるガラクタにしか見えなくなったような気がしました。

今回の件で学んだこと、それは

まず家族に異常があった場合、近所の救急医療を提供している病院の状況を電話確認することが非常に重要ということです。

病人である家族は当然普通の状態ではありませんし、付き添っている自分も焦っている状態で、受け入れできないという言葉は本当に脱力し不安を巻き起こしてしまいますから、複数の病院を当たって、受け入れ先を確保してあるということを救急隊員の方に告げるう事ができれば、搬送までの時間などを考慮して、適切な対処をしてもらえる確率も増すはずと思います。

増え続ける医療費にやはり予防が有効ということで麻生さんはこれまた失言騒動を起しているようですが、小さい政府、何でも民営化、効率化、採算重視、、、、大義名分としてはごもっともなんですが、大震災などの災害時に膨大な数の被災者がいて、医師の手が回らないという事態であれば、それなりに納得のしようもあるかもしれませんが、日曜深夜に診療してもらえないという状態って、言葉に表すことが出来ない不安感に襲われました…

人間って自分が体験しないと判らない生き物なんだって、当たり前な事を痛感しつつ、先日の奥さんを亡くした旦那さんが、

「(妻が)苦しんでいる横で、医師が連絡をとった病院から次々と受け入れを断られた。なんでこの都会で、死にそうに痛がっている人間を誰も助けてくれないのかやり切れない気持ちだった」と打ち明けた。一方、「誰かを責めるとかではなく、妻の死が浮き彫りにした問題を、国や都などが力を合わせて改善してほしい」と話した。

こういう冷静な態度で会見に臨まれたということが、8つもの病院から診療拒否されたときの想像を絶する落胆を感じたであろうことや、家族を亡くした立場として気持ちを押し殺していた事を今回の経験から推測するに、この旦那さんが訴えられている、妻の死が浮き彫りにした問題を、国や都などが力を合わせて改善してほしいという点については、現実問題として全員を救うということは無理としても当事者の方々には真剣に取り組んでいただきたいと思ったのでした。

最後に、今回の経験を通じて、この事件についてニュースを見た家内の意見、「妊婦は2つの命なんだから」という言葉がまた別な意味をもって自分には聞こえるようになりました。

Comment(12)

コメント

Ifreeta

病院の対応は最悪で再度行かない方が良いでしょう。

自分でできることは、携帯電話に緊急病院を登録しておくことでしょう。

平日の深夜と休日の深夜は、病院の状況が全然違うということを認識し、休日前には健康状態をチェックしましょう。

大事に至らなくてよかったですが、たいへんでしたね。「まず#7119に電話して」、というポスターをよく見かけます。
救急でも病院は自分で確保しないといけないんでしょうか。管轄違いかもしれませんが、2兆円はこういう所に使ってほしいです。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm

佐々木さん、こんにちは。いつも興味深く拝見しています。

私も4、5年前に深夜、近隣の救急に駈けこんだ際の医師の対応に困惑した覚えがありますが、さらに状況は悪くなっているのかもしれませんね。
一方で、医療の現場では「みな患者の命を救いたいと思っているけれど、とにかく手が足りない」という声もあるようです。

あるメルマガにも書かれていたのですがマスコミが執拗に使う「受け入れ拒否」「たらい回し」という言葉のニュアンスは、実は医療の現場を適切に表してはいないかもしれませんね。そういう意味でも件の旦那さんの言葉は私もとても重く感じました。

ささき

Ifreetaさん、コメントありがとうございます。

ご記入いただいたとおり、自分の通っている病院と近所の救急取り扱い病院を携帯登録は必須だと思います。

わたしの記事の至らないところ補足いただきありがとうございます。

現在妻が長期入院中で、在宅療養時には緊急外来に駆けつけたことも何度か。緊急外来の時は、事前に電話をしてから行くようにしてました。そのたびに思ったことは、やはり病院の人手不足です。医師も看護師も。開業医はわんさか居るんですがね。

地方都市だと、中心部に充実した医療施設を作ると、周辺からそちらに集中してしまい、かえって混雑するという話を聞きました。質を落とさず適度に分散する形が一番望ましいのでしょうがね。

ささき

テクネコさん、どもどもコメントありがとうございます。家族のほうは大事にならずひと安心だったのでした。

>救急でも病院は自分で確保しないといけないんでしょうか。

なんか、そういう感じですよ(苦笑)救急窓口でけで判断するのではなく、そこから担当医に繋いでもらい、はたしてその病院で救急で診る必要があるのかを判断されている感じが凄くしましたので。

>2兆円はこういう所に使ってほしいです。

同じく東京で産婦人科の医師が不足して、年収3000万で緊急募集してるってのがニュースになっていましたけど、雇う側の税金やらもろもろ経費を考慮して

年間コストが1人5000万と仮定した場合、

10人で5億

100人で50億、、、って数えていくと

お医者さんは60歳で辞める人は少なそうですけど、2兆円あると結構な人数をそれなりの年数で採用すること出来そうですよね。

この度は大変でしたね。
うちも息子が2歳か3歳ぐらいの時に、急に夜中に嘔吐して慌てて救急医療を探しました。
救急車を呼ぶことも考えましたが、まずは都の医療機関案内で夜間診療できるところを探して電話して対応してもらいました。救急車じゃなくても良い、ということで、車で出向いて・・・。
観点は違うのですが、これが自分の出身地域だったら、そんな受け入れ態勢はあったのかどうか・・・。
東京などで言えば、平日昼間が良過ぎるだけに、休日・夜間の”サービス格差”が注目されるのかなぁ、とも思っています。

ささき

decoさん、コメントありがとうございます。

>佐々木さん、こんにちは。いつも興味深く拝見しています。

恐縮です。

>医療の現場では「みな患者の命を救いたいと思っているけれど、とにかく手が足りない」

>マスコミが執拗に使う「受け入れ拒否」「たらい回し」という言葉のニュアンスは、実は医療の現場を適切に表してはいないかもしれませんね

医師不足の問題って、物理的な人数の不足の他、医局と自治体の関係とか、一般人にはわからないレベルの問題が多々あるようですが、その職業に就かれて頑張っていらっしゃる方が大勢いるのは生活者感覚でも理解できますよね、なのでご指摘のような一部報道側の問題もありかと思っています。

先日、消去法・リセット型の解決法が蔓延していなか?ってエントリー書いたのですが、医師に対する責任の問い方などの面で彼ら(経営側含む)にとってもリスキーな事をうかつ引き受けられない、、、ってジレンマに陥っている側面あるのかもしれません。

こうやって少しコメントやり取りするだけでも、この問題の難しさが判るので、「受け入れ拒否」「たらい回し」という単純な単語で報道を繰り返してしまうのは、やはりマズイ感じしますよね。

ささき

ひとぴんさん、コメントありがとうございます。

>地方都市だと、中心部に充実した医療施設を作ると、周辺からそちらに集中してしまい、かえって混雑するという話を聞きました。

わたしの田舎は青森県の八戸市ということです(最近美人議員なるものが妙に露出している八戸です、、、苦笑)

ここでは市民病院が中央(位置的に中央ではないですが)にあり、そこに衛星型で、中規模の入院施設がある病院がぶらさがるような感じで高齢者や入院後の患者受け入れを行うような感じで運用行われている様子です。

ご指摘のように大型の病院には患者が集中してしまい、手術のためのベット確保など、これまたいろいろ苦労が耐えないようだ、、、というのは83歳になる母親が昨年手術をしたことで経験を積ませてもらったのでした。

ささき

せのおさん、コメントどうもです(昨夜の収穫については別途いろいろお聞きしたいです、、、笑)

さて、

>東京などで言えば、平日昼間が良過ぎるだけに、休日・夜間の”サービス格差”が注目されるのかなぁ、とも思っています。

確かにそうなのかもしれませんね。

現在の体制についてはそれなりの根拠があるはずなのですが、これだけ国の医療費負担や国立・公立系病院の経営スリム化が課題になっている今の時代ですから、そんなに簡単に医師を増やすというのも、出来ない実情があるような印象受けています。

たとえば、2名体勢で追加受け入れ不可能な状態に陥っているのは年間どのくらいの日数・時間になっていて、ここに医師をもう1名追加することで、どこまでその状態を改善できるのか、そしてそのコスト分を自分達が支払うことが出来るのか、、、、

自分の場合、あまり政治の問題などに具体的に何かしらのアクションを起すという事はしておらず、ブログで社会ネタに関する記事書くくらいのヘタレ状態ではありますが、何かしらの形でそういう方面との関わりとか、納税者としての立場からの参政という事を日本ってもう少し考え直さないと駄目な感じします。

文部科学省の提供する教育プログラムとして、黙って企業や国の言うとおり文句言わずに働いて、政治には興味がない国民が増えるのは、彼らにとっては最高のパフォーマンスを上げていることになるんでしょうからね(苦笑)

「病院の傲慢だ!」

「それでも医者か!」

「『医は仁術』は死語になったのか」

「命より金儲けのほうが大事なのか」

「患者を受け入れられない病院は看板を返上しろ」

「殺人病院だ!」

「病院が妊婦を殺した!」

「ベッドが無い?そんなの理由になるのか!」

「ベッドが無ければ廊下に寝せればいいじゃない」

「熱意が欠如している!」

「救いたい!という気持ちが無い!」

「ドラマのような熱意のある医者はいないのか!」

そういう、今の医療の窮状に無理解な輩の暴言が、限界状況で頑張っている医師の心を折った事で、医師不足(具体的に言うと、勤務医不足)に拍車をかけているんですよね…。

こうして救急受け入れ問題は更に悪化する…と。

http://punigo.jugem.jp/?eid=503
http://punigo.jugem.jp/?eid=500
http://punigo.jugem.jp/?eid=495
http://punigo.jugem.jp/?eid=491

ささき

都筑てんがさん、コメントありがとうございます。

ブログの「救急受け入れ問題FAQ」拝見しました。マスコミは医師会側からの「たらい回し表現は適切ではない」という申し入れがあってから報道の方向性が変わってきたように思いますが、「救急受け入れ問題FAQ」にあるような背景を伝えながら、どう改善できる点があるのか?などの提言や報道することろが出てくると良いですね。

コメントを投稿する