オルタナティブ・ブログ > ウツリーマンの日常 >

心が折れてしまう前に予防的視点でのメンタルヘルス情報発信

"コロナうつ"にならないために

»

以前のブログ("これから必要になって来るのはセルフメンタルケアかも知れない")でもメンタルケアの必要性について少し触れましたが、最近"コロナうつ"と言うキーワードをよく見かけるようになりました。

やはり生活環境の急激な変化や、先行きの見えない不安が人々のこころに急激な負荷を与えているのでしょう。

かなり前ですが、このブログで、"「梅雨」と「うつ」の関係"で書いた様に、自宅に引きこもることによる影響は少なからずある様に思われます。

こころの健康のためには、やはり身体の健康が不可欠です。以前のブログに書いた

・バランスの良い食事を規則正しくとる

・適度な運動(散歩程度で大丈夫)

・決まった起床時間を守る(過眠防止)

これにプラスして、今の外出自粛で必要なこととして、

・適度なコミュニケーションをとる(孤立感防止)

・余計な情報を取りすぎない(不安感の軽減)

 ※特にTVから垂れ流される一方的な情報には注意!

あたりを意識して、「今は誰もが不安の中で自分だけじゃない」と思えることが大事になります。

 "抑うつ" な状態になるのは、自分自身の "捉え方" であり、いわゆる "認知" と言われるものです。

自分自身が今の状況や事象をどの様に捉えるかは、"自分自身で変えられる" ことをあらためて良く認識して今の混沌とした世の中でも "こころの健康" を保って行きましょう。

#StayHome

#家にいよう

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する