オルタナティブ・ブログ > ウツリーマンの日常 >

心が折れてしまう前に予防的視点でのメンタルヘルス情報発信

これから必要になって来るのはセルフメンタルケアかも知れない

»

日本でも緊急事態宣言が出てから、3週間経過し、さらにGWも外出自粛で家に篭る生活を余儀なくされる状況で、これから徐々にメンタル面で調子を崩す人が増えてくるのでは無いかと予想されます。

在宅勤務や、買い物にいくのにも三密を避けて時間や人数を制限する動きもあり、社会全体が閉塞感に包まれて来ていると感じています。

元々、在宅勤務を日頃から実施していた人や、ICTに強い人は様々なツールを活用して現状でもできることを自分で考えて実践することができるので、比較的ダメージは少ないかもしれませんが、そうでは無い人がやはり多数いると思われる中で、急激な環境の変化についていけない人が沢山いることと思います。

また、メンタルケアを自分で意識して行うことは多くの人が必要であるのに対して、意識して出来ている人は少ないのでは無いでしょうか?

かく言う私も、自分がうつ病になるとことなど全く考えたこともありませんでした。しかしどんなにメンタルが強いと思っている人でも、うつ病や適応障がいなどに罹患するリスクは常にあります。

心療内科やメンタルクリニックを受診するまで行かなくても、先の見えない今の状況で調子を崩してしまう人も多くいることでしょう。

まずは自分自身のメンタルケアについて考えることから始めて見てはいかがでしょうか?幸いにも今回のGWは家で過ごす時間も多くなることになるでしょうから、是非この機会に自分自身のメンタルケアを自分自身で行うことを考える時間に使って見てください。

健康志向の人で普段から食事や運動に気を配っている人は多くいると思いますが、意外と自分自身のメンタルケアに気を配っている人は少ないのでは無いでしょうか?

体の健康と同じように、こころの健康もとても大事です。また食事や運動と同じようにメンタルケアもセルフケアすることが可能です。

導入としておすすめのサイト(厚生労働省のHPです)を紹介しますので、是非ご覧になって少しでもセルフメンタルケアについて考えて見て頂ければと思います。

https://kokoro.mhlw.go.jp/

まだまだ先行きが不透明で不安な日々が続きますが、一人ひとりの行動がきっと現状を打開していくと信じています。

#StayHome

#家に居よう

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する