オルタナティブ・ブログ > 「神奈河、神名川、上無川 。」 >

読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

わ!”数字の魔術師(マジシャン)”が来たぞ!騙されるな!

»

決して揶揄して言われている訳ではなく、どちらか、というと、極めて真面目に他の人から「あの人はプレゼンの魔術師なんだよねぇ」とか「数字のマジシャンだよねぇ」とか言われる人って居ません?・・・自分の周りだけの話かなぁ・・・。

今日はそんなお話です。

最近、広告だとか、朝の情報番組とかを見ていても、街頭で街行く人々にアンケートをしました、と言っても、結果を円グラフで表示しているものって多いような気がしています。

一方で、全てが全て、と言いませんが、結構n数が書いていないものが多いような気がします。

円グラフで見せられて、○○と答えた人が68.9%居ました!とか言われても、n数自身がはっきりしていないのだから、それが本当にどれだけたくさんの人の代表した意見なのかがよくわからない、というか。

でも、こんなのましな方かもしれません。

その1.n数が書いてあったとしても・・・。

n数の明記はあります。しっかり32と。

でも、その32はアンケートに答えてくれた数であり、その母集団そのものが2500だった時に、はてその32の中でパーセンテージを出すことにどれだけの意義があるのか・・・。

ましてや無作為抽出による32ではなく、投げ掛けできたもの、投げ掛けそのものすらしていない集団が他に多々ある中で・・・と言われると、情報操作以前の問題か・・・と。

その2.いかにももっともなんだが・・・。

「今回企画しておりますこのサービスを、○○会員の加入率上位である会社様におかれましては、既に独自の取り組みで行っておられます。それをいくつかサンプル分析してみますとこれこれこんだけの成果があがっておりますので、これを全国展開したとしましたら、全体でこれこれこんだけの成果が見込めると言えます」

あながち外れでは無い。事実で述べている部分もあるから、あながち嘘とも言い切れない。

但し、この表現において、かなりまやかしめいているのは、○○会員の加入率上位の結果、そのサービスによる成果が発揮できたのか、元々そのサービスによる成果が発揮できるような営業活動が常日頃なされている中で○○会員の加入率を上げることができたのか、の因果関係を正しく証明していないから、である。

でも、こういう風に三段論法風に言われると、案外「へぇ、そうなんだ!」と言ってしまう人が居るんだな、これが。

その3.一般的な常識と思われていることにつけ込む

「我が社は中途採用率3割を超えておりますので、中途採用の方でも不公平なく安心していただけます」

なんて採用のコピーを見たことある方も居られる、と思う。

まぁその3割が妥当かどうか別にして。

昨今はそれ程でも無いとは思うけど、元々終身雇用制が当たり前のように思われていた日本の企業においては、中途採用の枠は一般的に少ないだろう、という前提に立てば、3割でも多い方だから中途採用には優しい、という見方もできるけれど、逆に言えば、中途採用では無い人が10-3=7割居るってことである。

イコール、全体の従業員構成を大きく占めているのはやはり新卒採用組であるから、企業としてのルールが中途採用組に優しくなっているか?と言えば必ずしもそうでない。

では逆のお話。

「我が社は中途採用率8割を超えておりますので、中途採用の方でも不公平なく安心していただけます」

今度は中途採用が圧倒的大多数なのだから、安心して働けるか?とも言えるが、(その企業の成り立ち、歴史にも当然依存するので、少数かもしれないけれど)それだけ、中途採用を取らなくてはいけないぐらい人の出入りが激しい、という見方もできる。

結論として言いたかったのは、数字、というのはある面絶対的な存在に感じられるけれど、ケースによってはどうとでも作ることができる、ということである。

(自分への言い聞かせも含めて)普遍的に、人に騙されることなく、(意図的か偶然かは別にして)人を騙すことも無い、数字の取り扱いをしたいものです。

・・・と問題提起だけしておいて、詳しい解説は、永井さん中村さんにお願いしたい所です。

Comment(8)

コメント

クイズ100人に聞きました、を思い出しました(笑)

>その3.一般的な常識と思われていることにつけ込む
よくあることですが、「既にご存知と思いますが・・・」と話すと、ご存知でない方も、「既にご存知な状態」になり、前説なく”Flet's光”並みの速さで話が進んでいきます。
・・・私は、たまにしか使いませんが(自爆)

>新倉さま
コメントありがとうございました。
そうなんですよね!(笑)「既にご存知と思いますが・・・」も”知らない?おっくれってる~”ぐらいの感じで相手を弱者の立場に立たせるプレゼンの有効手段かもしれません(苦笑)
ちなみに、自分は社内のミーティングにおける人事発令情報で、大抵その弱者の立場に貶められる傾向にあります・・・orz。

新倉さんのコメントに便乗なのですが、展示会のナレーションやプロモーションビデオのシナリオで、あやふやな前提を一方的かつ断定的に一般化してから強引に話を進めて「ウチのは凄いんだぞ!」的結論に落とすというのは、常套手段として使っていますね。気分はもうテレビショッピング番組です。
そうでもしないと所与の時間に収まらないからなのですが、そのあと説明員がお客様に取り囲まれてえらい目に会ったりもしますけど (汗
(こんなのバラしてもよいのか?

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン〜(古っ!)
…と、軽くごまかしてみましたものの、、、難しいテーマでコメントが辛いですが。
 
「ここは多数決で」と言ってみたり、「少数意見の尊重を」と言ってみたり、ものごとは言いようで180度変わりますよね。
要は数値はあくまで数値であり、私が気になってしまうのは、それが持つ意味です。
 
★たとえば「中途採用者が3割もいる」と言われたとき
なぜ3割もいるのか。その理由を考えてみてはいかがでしょうか。
採用をその場しのぎでやっているんじゃないか、離職者が多いんじゃないか、とかいったネガティブな見方。一方で、急成長してるから戦力が足りないんじゃないか、とか、業界の中で評価が高い会社だから同業他社から移ってくる人が多いんじゃないか、とかいったポジティブな見方。両方できますよね。それらをフラットに考えて、自分なりに判断をすることが求められると思います。
 
マーケのプロは、この数値の解釈方法が上手で、結局、持っていきたい結論に都合のよい解釈を、もっともらしく表現したりします。
せのおさんが危惧してらっしゃるように、騙されないようにするには、自分で考えるしかないかもしれません。
 
★「中途採用者が3割もいる」と言われたとき
「3割もいる」が正しいのか。もしかしたら「3割しかいない」が正しいのか。要はモノサシの置き方ってことなんですが、やり方としては、反対側から見てみることです。7割は新卒なのか。ひょっとしたら、新卒は2割で、あとは派遣やパートなどの流動的人材じゃないのか、とか。これもまた、なぜそうした構成になっているのかを知らないと、どちらの表現がふさわしいのか、判断に迷います。
 
長々と理屈を書きましてすみませんでした。
後は永井さんにお任せいたします(なんと勝手な)。。。

>(こんなのバラしてもよいのか?

マズいと思いますが、もう遅いです(笑)
って、コメントを書くことで更に拍車がかかると思います(爆)

>いわながさま
コメントありがとうございました。
一般論としてありますね~、そんなこと。毎回毎回ではありませんが、「え?それは飛躍し過ぎなんじゃ無いの?」と感じることは素人の自分でもある時があります。・・・そうかあれは狙いなんだ(笑)

>中村昭典さま
コメントありがとうございました。また、お呼びさせていただいたことにご反応誠にありがとうございました。
過去、自分如きのつたない社会人経験においても、ここ数年は、数字を持って定量的に物事を示す、ということの重要性は理解をしてきているつもりですが、一方で、「それは果たして定量的と言えるのか?」という場面にも多々遭遇してきました。
何故簡単に騙されてしまうのか?ということもあれば、そのロジックの危うさに気づきながら、見て見ぬふり、逆に綺麗に騙されてあげるなんて人も居ます・・・それで良いのかどうかわかりませんが。
中村さんが書いて下さったとおり、その数値が持つ意味を、きちんと理解しておく必要性を(自己への戒めも込めて)改めて再認識しておきたい、と思っています。
お手数おかけいたしました。
永井さん・・・来るかなぁ?

>新倉茂彦さま
聞く側がきちんと判断力を持っていれば、あとでどうとでも突っ込めるんですけどね(笑)
あとはせめて、出し側は”確信犯”的であって欲しい。
・・・実は案外、”わざと”ではなく、その無理さ加減に”本当に気づいていない”ケースもあるのでは無いか、と思ってみたり・・・(苦笑)

コメントを投稿する