オルタナティブ・ブログ > ビジネスライターという仕事 >

ITに強いビジネスライターとして、企業システムの開発・運用に関する記事や、ITベンダーの導入事例・顧客向けコラム等を多数書いてきた筆者が、仕事を通じて得た知見をシェアいたします。

スペースシャトルって意外と小さい

»

スペースシャトルって、かなりでかいものだと思っていました。

ガンダムの影響でしょう。サイド7つまりスペースコロニーのようなものを想像していたのです。この時点で、モノを知らないことを暴露しています。

もちろん何万人もがスペースシャトルに住めるなんて想像はしていなかったのですが、それでも一番長いところで百メートルぐらいあると思っていました。

 

ので、妻のメル友(サンフランシスコ近辺在住)が、送ってくれた次の2枚の写真を見たときには仰天してしまったのです。

Space Shuttle Endeavor 21 SEP 2012_1.jpg

Space Shuttle Endeavor 21 SEP 2012_2.jpg写真につけられたファイル名を見ると、この9月21日にエンデバー号がジャンボジェットで運ばれるところを、メル友自ら撮影したもののようです。

調べてみたら、スペースシャトルって約37mなので、ジャンボの背中に十分載せられるサイズです。

 

ぇー、スペースシャトルって意外と小さかったんだなあと夫婦で感心していたのですが、この写真どうも怪しい。なんで、シャトルはすべり落ちないんだろう......。

もしかしたらかつがれているのでは?

と思い、"スペースシャトル ジャンボジェット"でググってみたら......。

スペースシャトルをジャンボジェットで運送するというのは、2008年から何回か行われていたことのようで、たくさんの画像や動画がありました。

たとえば。 http://wellbeing.hamazo.tv/e3570218.html

このジャンボは、スペースシャトル運搬用に改造されたものだとのこと(スペースシャトル運搬用のジャンボがあるって、アメリカはすげえ)。

とんだ周回遅れ夫婦だという結末になってしまいましたが、意外と知らない人も多いのでは。また知り合いが撮った写真というのも珍しいかと思い、掲載しました。

 

記事に共感した方は、ぜひ下記のサイトにもお立ち寄りください。

--

▼マーケティングで最も大事なことは自分軸を持つこと。
 Who、What、Whyの3Wメソッドで、行き詰まりからの起死回生を!

head_catch.gif


--

▼自社の考えをインタビューして文書化してほしい方は

top.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する