オルタナティブ・ブログ > ビジネスライターという仕事 >

ITに強いビジネスライターとして、企業システムの開発・運用に関する記事や、ITベンダーの導入事例・顧客向けコラム等を多数書いてきた筆者が、仕事を通じて得た知見をシェアいたします。

12月22日 自然の理~どうすればかなうのか?(#578)

»

ナポレオンは、「余の辞書には不可能という言葉はない」と言った。見方によればたいへん不遜だが、別の見方もある。自然の理にかなわないことは不可能だが、かなっている限りは不可能はないとも言えるからだ。人間関係や商売など何事においても、事前の理にかなっていれば必ず事は成る――松下幸之助さんはこのように説きます。

これも結果論、あるいは循環論法に陥りそうです。

彼はうまく行っているが、なぜ?それは自然の理にかなっているからだ。自然の理にかなっているかどうかはどうしたら分かるの?それはうまく行っていれば、自然の理にかなっているし、そうでなければかなっていない・・・。

こういう話に思えます。

と切り捨ててしまうと何も得るものがない。

前向きに解釈すると、ナポレオンの話を持ち出しているところにヒントがありそうです。

ナポレオンの敗戦、すなわちモスクワ遠征は、やはり無理があった。

その後、とらわれの身となるが、最後の反逆を試みる。これは、時宜も人望も得ていなかったので失敗する。

無理をせず、時機を見て、徐々に進んでいく。

自然の理にかなうというのはこういうことのような気がします。

毎日、ちょっとずつ大きくしていく。気がつけば大樹になっていた。という感じでしょうか?

今日の一言)無理をせず、時機を見て、少しずつ進もう。

本年の一日一言は、『松下幸之助 成功の金言365』を毎日1ページずつ読んで、自問自答するという趣向です。

--

icon_ya_red.gif ビジネスストーリー作家森川滋之のオフィシャルサイトです。

icon_ya_red.gif 無料メール講座で、我々333営業塾のことを知ってください。

icon_ya_red.gif 無料動画セミナー「新規開拓営業組織の作り方」はこちらです。

icon_ya_red.gif 筆者のゆるゆるのイヌ・ネコ・メシブログはこちら

--

Shodan_top_mini.jpg← 今すぐクリック

1回の募集人数が少ないこともありますが、常に2回分満席になっています。

平日の昼間に、場所も横浜なのに、です。

求められていることをやっているからと言わせていただいてもいいのかな、と最近思い始めました。

2012年2月29日(水)分の受付をはじめました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する