オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

【新しい働き方22】仕事を前倒しでやる。後伸ばしにする人は…

»

House

テレワークというと、子育てをしている女性のイメージが強いですが、必ずしもそういうことはありませんよね。男性でも、あるいは独身でもテレワークは可能ですし、また自宅にこだわる必要がないところが、クラウドを使ったテレワークの特徴。逆に考えると、週に40時間とか、土日が休みとか、無理に決めなくても自分のスタイルに合わせて仕事が出来るのがテレワークのいいところです。
 
テレワークをする人に必要なものはいくつかありますが、一番大事なのは「自分の仕事は出来るだけ前倒しでやること」だと思います。それには2つの理由があります。
 
1.突発的なことに備える
「突発的なこと」というと外部要因に聞こえますが、必ずしもそうではありません。自分の体調が悪くなった(今ですと、インフルエンザになったとか)、あるいは家族の面倒に手を取られるとか(子育て中、介護中など)、あるいは、自分が何かのミスをしてしまい、手戻りが発生してしまう、などが考えられます。
 
2.その次にを目指す
目の前の仕事に満足している、まさに昨日書いた社畜になる人は別として、その次に向かう人、上を目指す人(収入とかポジションとか)は、出来るだけ自分の手を空けておくべきですよね。自分の仕事はとっとと終わらせて、周りのサポートに回ったり、上司の仕事を奪いに行ったり。与えられたことしか出来ない、また、しない、というのでは、所詮そこ止まりになってしまいます。
 
テレワークをしていない会社員でも、朝からずっとネット閲覧に耽り、午後になってから仕事を始め、なんとなく残業する、といった人がいます。PCの前にいるものの、まったく仕事に手を付けていない、という人も少なくありません。そういう人は、テレワークにかぎらず、これから生きにくい時代になっていくとは思いますが。

Comment(2)

コメント

ardbeg32

テレワーク・・・まわりにいないので仕事の具体的イメージがわきにくいんですが、自身が職場にいないことでスケジュール上のボトルネックの一つになるんでしょうか。
私は部下に「自分の仕事と、社外や外部など自分の都合で動かせない人との仕事があるなら、先に社外の方のアポや締め切り約束を片付けろ」と言っています。
自分の手元の仕事なら、残業でも時間調整でもなんでもしてどうとでもできますが、社外の人との仕事は、連絡を入れてから相手先での調整が入ってそれからさらにメールで調整の返事、など動きが遅い上に後回しになればなるほど条件がきつくなってくるのが通例。
だから一刻も早くアポや仕事期限の約束だけ入れて、余裕を持ってかかることを指示しています。
大木様の今回のブログ内容と逆の主張ですが、テレワークの自身がそのPJのスケジュール上のネックになるなら、手元をさっさと空けるのは考え方は同じだと思いますが如何でしょうか。

>ardbeg32さん
そういう手順をきちんと組んでいらっしゃるのは素晴らしいと思います。
一方で、会社全体的に「成り行き」で仕事をする習慣がついている会社もあるようです。あるいは、個々人に任せっぱなしになっており、締め切りや退社時間になってバタバタしていたり。
会社単位、組織単位の取り組みはもちろん必要ですが、個人の「姿勢」も重要だと感じています。

コメントを投稿する