オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

カラシロ!

»

先日、ある場所に研修を実施しに行ったんです。

そうしたら、受講者の方から「谷さんですね。いつも見てますよ-。えーと、カラスが白いやつ。」って言われました。読んでくださっているのはとっても嬉しいのですが、「カラスが白いやつ」って・・・

まぁ、変な名前ですからねぇ。「カラスは白いかもしれない」ですもんねぇ。

いっそのこと、これからは「カラシロ」って呼んでください。「辛子色」じゃないですよ ^^;

で、このブログを始める際に、この「カラスは白いかもしれない」という意味を書いたのですが、ここでもう一度書いておきますね。

大きく、ふたつの意味があります。

1.カラスは、「自分は白い」と思い込んでいるかもしれない。

自分が知っている自分と、他人が知っている自分とがあります。自分は、思いのほか自分のことを正しく理解していないものです。誰しも、自分のことを過大評価したり過小評価したり、優れた能力なのにたいしたことないと思っていたり、逆にたいしたことないのに自分はすごい!と思っていたりします。

また、同じ事象でも見方を変えると結果が変わります。Aさんはとっても真面目で、曲がったことが大嫌い、謹厳実直な正直な人で、自分でもそう思っているのですが、周囲からは「Aさんは融通がきかない頑固者だ」と思われています。この場合、「Aさんは真面目で正直な人だ」という評価も真実なら、「Aさんは融通がきかない頑固者だ」という評価も真実です。

さて、そんなわけで、カラスはもしかしたら「自分は白い鳥だ」と思い込んでいるかもしれません。でも実際には黒い。ようは、他人の評価に素直に耳を傾けましょうね、というわけです。自分自身を客観的に評価することほど難しいものはありません。

2.実は、本当にカラスは白いかもしれない。

実は我々の目が欺かれているだけで、本当はカラスは白い鳥なのかもしれません。しかし何かの見えざる能力によって、黒く見させられているとしたら?

これは、一般に「情報操作」と言われます。マスコミやインターネット上の様々な情報も、その多くは(7割とも9割とも言われています)操作された情報である、と言われています。情報のほんの一部を隠しただけでも、人はその情報に対して違った印象を受けます。例えば「Bさんは働き者だけど酒乱だ」と表現した場合と、「Bさんは酒乱だけど働き者だ」と表現した場合ですら、その情報から受け取れる印象は変わってくるのです。

これは、真実はどうであれ、最終的にその情報が受け取った情報が、「その人にとっては真実」になってしまう、という怖さを物語っています。言い換えれば、受け取った情報は必ず「その情報は真実なのか?」ということを疑い、検証するクセを身につけておかないといけない、ということです。

情報を発信する側にも責任があるし、情報を受け取る側にも責任があります。小さな社内のいち部署のメンバ同士でさえ、コミュニケーションミスや誤解などが生まれるわけです。これが社会全体ともなれば、無意識のコミュニケーションミス、作為的な誤解などはとっても大きな渦となって表れます(しかも、当の本人は情報がゆがめられていることに気がつきません)。情報を得る際にも、十分な注意が必要だ、ということです。

というわけで「カラシロ」、これからもよろしくお願いいたします。

Comment(2)

コメント

谷 誠之

のんびり主婦さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
ええと、誠に申し訳ないことに、私が言いたいのは、ヘンペルのカラスとはちょっと違います。ヘンペルのカラスは、「カラスが黒い」ことを真に証明することの難しさと、帰納法による証明の限界を解いているのです。一方で私は、どちらかというと「カラスは黒いくせに、自分を白いと思い込んでいるかもしれない。自分が思っている自分が、本当に自分を正しく表現できるとは限らない」とか、「カラスは本当は白いんだけど、何らかの理由で黒く見えているだけかもしれない。でも黒く見えたら、本当は白かろうが、みんなは『カラスは黒い』と思うし、それが真実だということになってしまう。情報の信憑性は、十分に検証しましょうね」とか、そういうことを言いたいわけです。

ある人はとっても正直者なのに、生涯でたった一度だけ強烈なウソをついてしまい、それがバレたためにみんなから嘘つきよばわりされてしまいました。もちろん彼がウソをついたことは真実なのですが、それが人生でたった一度のことであっても、「あいつは信用ならん」って評価を受けてしまうことだってあるわけです。恐ろしいことに、その人がウソをついたのは人生でたった1度であるという真実よりも、「あの人は嘘つきだ」という風評のほうが、世の中の人達にとっては「事実」とみなされてしまうわけです。その怖さを理解していただきたいなぁ、と思っているわけです。

あ、もちろん、トラックバックは大歓迎です。これからも、よろしくお願いします。

コメントを投稿する