オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

"違い" と "間違い" は違う

»

今週は、DiSC なるものを勉強しています。

DiSCの詳細はこちらをご覧いただくとして、今回は、そのセミナーを受講していてとっても勉強になったことをひとつ。それは、DiSC のコンセプトともいうべき、この言葉です。(注:私が勉強した内容そのままではなく、少しだけアレンジしてあります)

自分にとって「あたりまえ」のことを、「とんでもない」と感じる人がいる。
自分とその人との差を、"違い" という。
しかし多くの人は、自分の「あたりまえ」が通用しない人に出くわすと、戸惑い、葛藤する。
そして自分を守るため、あるいは自分を正当化するために、自分と相手との "違い" を相手の欠点だと定義してしまい、「あいつは "間違って" いる。私は正しい。」と考えようとする。

"違い" は、決して "間違い" ではない。"違い" は "違い" でしかないのだ。

自分を正しく知り、他人を正しく知れば、自分と他人との "違い" に気づき、その "違い" を受け入れることができる。そうすれば、その人との最も適切な付き合い方がわかる。

"違い" は "間違い" ではない。正直、耳の痛い言葉でした。私は現代の変化のスピードに即座に対応するため、「70%のデキでいいから、とにかくすぐに決断して、すぐに行動に移す。自分の決断に誤りがあると分かれば、走りながら修正する。完成したときに及第点であればそれでいい」ということをモットーにしています。すると、完璧を求め、十分に準備し、データや根拠を完全に用意してから行動に移す人のことをどうしても「決断が遅い。もっと早く決断し、早く動くほうが、時代に合っている」と判断してしまう傾向にあるのです。これって、上記のような人を暗に "間違っている" と判断してしまっているのですね。

実際には、それは "違い" でしかないのです。求めるものが違う、価値観が違う、自分にとって何が嬉しいかということが違う、自分にとって何が脅威かということが違う、などなど。まずは、その "違い" を認め、いったん受け入れる。その上で、その人の価値観や嬉しいと感じることに合わせたフィードバックを行う(迎合しろ、ということではありません。苦言を呈する必要がある場合もあるし、その人の暴走を止める必要がある場合もあります)。そうしたら、コミュニケーションはもっと円滑にできるはずです。

ああ、今まで私は、このことを知らなかったがためにいくつも損をしてきたような気がします。あ、これを「損」だって感じることも、私の価値観を強烈に表しているのです。

Comment(3)

コメント

お幸

興味深い記事、拝見しました。

「間違い」とは、本来『間』が違うことですので、
上記の「決断~」の例は、自分の間と相手の間が違うということでは、しっくりくる例です。

私も間違いだと判断する、または判断された場合は、誤りだと思わず、間を合わせるようにしています。
昔の人は、間を合わせたり、息を合わせたりしていたというのが、言葉から知り得て興味深いですね。

ミンミン

「間違い」というからには何か正答が用意されていて、その正答に照らし合わせて判断するものです。
用意された正答は誰が正答と判断したものなのかを考えた場合、自分の価値観で判断したものだとしたら
決めつけや思い込みが生じるのは当然。

ですから「まずは、その "違い" を認め、いったん受け入れる。」ことが大切だとするご意見に賛同します。
いったん受け入れた後、その違いにどう対処するか? これがまた難しい。
人と人との相互理解、コミュニケーションの道は険しいものです。
違いのある相手ほど興味深く惹かれる傾向があるというのはよくある話です。
そこそこの関係でいいという場合は受け入れてさらっと理解しておしまい!にすることができますが、
その相手を深く理解しようとすればするほど、相手のことを知りたいと思えば思うほど
受け入れた後のコミュニケーションに気を配る必要がありそうです。

谷 誠之

お幸さん、ミンミンさん、コメントありがとうございます。

なるほど、「間違い」は「『間』が違う」わけですね。逆に「『間』が違う」なら、もし合わせることができるなら合わせればいいわけですね。

世の中、基礎的な数学や物理的・化学的な法則を除けば、「これが正解」なんてものは存在しません。今は正解と思っているようなことでも、時代が変われば変わりますしね。しかし人間(に限らず動物)は安心・安定を求めますから、「これが正解、これが正しい」というものをみつけて安心したいのでしょうね。その正解だと思っているものと "違う" ものを見つけると、"間違っている" と思いたくなるのでしょう。

一方、"違い" をちゃんと "違い" として認めれば、それに対して興味がわくというのも確かです。その興味を正面から受け止めて、「もっと相手のことを知りたい!」と前向きになれば、難しいコミュニケーションも少しは気を配りやすくなるかもしれませんね。

コメントを投稿する