オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

「定量的に示しなさい」と言うけれど

»

今日は、ちと理屈っぽい話題です。
結論は、「数字は面白い、けど怖い」ということであり、もっと言えば「定量的に表現したことが必ずしも真実を語っているとは限らないから気をつけましょう」ということです。

例えば、ここにハエが10匹いるとしましょうか。変な例でごめんね。
で、そばにハエが好きそうなエサを置いて、「ハエがエサにたかるかどうかを実験した」としましょう。

10回実験して、ハエがたかった結果が次のようになったとします。

  1回目  2匹のハエがたかった
  2回目  4匹のハエがたかった
  3回目  1匹のハエがたかった
  4回目  3匹のハエがたかった
  5回目  6匹のハエがたかった
  6回目  4匹のハエがたかった
  7回目  6匹のハエがたかった
  8回目  1匹のハエがたかった
  9回目  3匹のハエがたかった
  10回目  4匹のハエがたかった

事実は、これ↑だとします。しかしこれだと冗長的なので、全体をひとことで言い表すために

  ハエがエサにたかる確率は、●●% である

と表現しようとします。

まず、全体の平均を取っちゃうとどうなるか。
10匹のハエに対して10回実験したんだから、延べ100匹のハエがいたことになります。そのうち、2+4+1+3+6+4+8+1+3 = 30 匹のハエがたかったとすると、ハエがたかった確率は 30% だ、ということになります。したがって

ハエがエサにたかる確率は、30% である

と言えそうです。

次に、仮に3匹以上のハエがたかったことを「ハエがたかった」と定義してしまいましょう。1匹、2匹程度のハエがたかった程度では、そいつらは気まぐれでそこに停まっただけかもしれないから数のうちに入れない、というわけです。3匹以上ハエがたかった回数は、10回のうち6回です。したがって

ハエがエサにたかる確率は、60% である

ということになります。さっきの倍ですね。

さらにさらに、ハエというのは不衛生な印象がありますから、とにかく1匹でハエがたかったらもう「ハエがたかった」ということにしてしまいたくなる気持ちもわかります。すると、

ハエがエサにたかる確率は、100% である

ということになっちゃいます。

逆に、とっても厳密に、8匹以上のハエがたからないとそれは「ハエがたかった」ことにならないとすると、そりゃぁもぉ

ハエがエサにたかる確率は、0% である

ということになってしまうのです。

---

世の中、実験の結果や結論だけが伝わっていっちゃう傾向があります。情報の発信源は、どんな実験をしたのか、その結果どうなったのか、結果からどのような結論が導き出せるのか、ということをちゃんと伝えているはずなんですけど、それが口コミやブログ、ツイッターなどで広がるときには、結論しか伝わらない(場合によっては異なる結論が伝わる)ことが多く存在します。

みなさんも、実験の結果だけが書かれてある文章には気をつけましょうね。

Comment(3)

コメント

Taizo

数字のマジックについて放射能汚染を例にコメントさせていただきます。
 長崎大学山下教授によると放射線による発癌率は喫煙者の発癌率より低いそうです。疫学的な統計ではこのような結果になってしまい、実際に放射線によりDNAが破壊されても、成人であれば修復されるそうで、放射線の健康被害より健康被害の可能性のある酒・煙草を嗜んでいる大人が放射能を恐れるのはいかがなものでしょうか。
 煙草の害についてはいまだに仮説で証明されたものはなく、あくまで疫学的確率でのもののようです。タバコの外煙の健康被害についての実験結果についてWHOは受けれてなく、用いた実験系があまりに極端であり、現実的にはあり得ない環境というのが理由のようです。
 テレビで煙草の害について報道する場合、最後に「これはすべて仮説です。」とコメントしますが、これは最初に説明すべきではないかと思います。
 しかしながら、煙草の害については仮説ですが、放射線によるDNAの破壊は実験的に示せる事実と言えます。これからの人類はウィルス、紫外線、放射線に強い者だけが生き残るのかもしれないなどと想像してしまいます。
 批判ばかりではなんら解決もせず、現在無職で自分に何ができるかなと考えているところです。3月11日以降スカウト型人材バンクからの就職案内メールが来ず、事態収拾と新人研修の終わった連休後にチャンスがくると思っています。就職難についても実際に求人は結構あるのですが、自分がやってみたい求人がなかなか見つからないというのが現実でしょう。

谷 誠之

Taizo さん、コメントありがとうございます。
人類は、未知のものに対して異常なまでの恐怖感を持ちます。もっとも、その「未知なものへの恐怖感」は人類のみならず生存本能を持つ動物全体に言えることでしょう。

単に数字だけでモノを言うと、放射線による発がん率は確かにタバコが原因だと思われる発がん率よりも低いでしょうし、死亡率に至っては交通事故で亡くなる確率よりも低い、ということになります。

ただ、この「放射線物質」なるものが、人類にとって(一部の科学者を除いて)まったく未知のものである、ということは考慮しなければならないと思っています。みんな、未知のものは怖いのです。この怖さは、もう数字で語れるものではないと思っています。

科学者の人たちや、世間に何らかの影響を与えることができる人たちは、この未知のものをもっとわかりやすく、中立の立場で皆に知らしめる必要があると思っています。多くの人は、福島の危険度レベルが7(チェルノブイリと同じ!)と報道されただけで恐怖を感じます。それが具体的にどういうことなのか、ということを客観的に伝えなければ、皆の恐怖感を拭い去ることはできないでしょう。

Taizo

コメントありがとうございます。
 まったく同感です。危険度レベル7はリスクレベルであり、福島原発事象では事象の対応に対して、地震、津波、水不足、電力不足、人手不足であることのリスクからレベル7であり、スリーマイル島原発事故では水、電力、人手が充分あったのに再臨界させてしまったことからレベル5であるとFMラジオで聞き、とてもよく理解できました。
 しかしながら、マスコミでは単にレベル7になりそうだとの説明では被害レベルが7であると勘違いしてしまいます。マスコミは数字の意味もわからずに報道し、不安を誘発しているように思います。
 一般の人々は専門家の肩書きで信頼度を見ているようですが、大学教授の説はあくまで仮説です。我々企業の研究者は大学での基礎研究を基に製品を造りますが、仮説のとおりにはなかなかならず、仮説のとおりになる環境や条件を探すというのが実状です。単に仮説を述べる科学者が信用され、仮説を実験的に試みた企業の科学者が信用されないという不条理があると思います。
 わかりやすい説明はかなり難問です。テレビの報道内容で理化学系の大学院を修了した者が理解できるようなことをどうのように説明するかということになります。やはり池上解説や一般の患者さんを診察している内科医の説明がわかりやすいのではないでしょうか。
 最近起こった海底油田の事故で海がかなり汚染されましたが、科学者の想像を超えるスピードで浄化されました。過去においては砒素、DDT、BHCを農薬として用い、土地を汚染させ、ヒトにも動物にも健康被害を及ぼしましたが、他の農薬に切りかえることで、土地もすぐに浄化されています。自然の浄化力は科学者の想像を越えるものであり、放射能汚染についても同様のことが言えると思います。
 福島原発事象については、タービンポンプで冷却して還流状態にすることで放射能放出は止まり、浄化の方向に進むものと考えています。
 私は研究経験から福島原発事象を客観的に見ていますが、家族は精神的にまいっているので、心療内科に連れて行こうと思っています。

コメントを投稿する