オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

上司も部下に相談すればいいのにね。

»

管理職とかリーダーの研修で、「部下やメンバに相談してみればいいのに」といったことを述べますと、「え?」「えー?」という反応が来ることがあります。

「はい、私はすぐ相談しちゃいますよ」と言う方もいらっしゃるのだけれど、案外多くの方が、部下に相談していない。

以前こんな話を聴いたことがあります。(本にも書いたので、読んだことある、と思う方もいらっしゃるかも)

「上司から大きな仕事のカタマリが下りてきて、自分で一生懸命細かく分けて、そこからメンバに"あなたはこれ""あなたはこれ"と渡していたけど、その作業自体も負荷が高く、大変になってきた。ある時、大きなカタマリをほぐさないまま、メンバを集めて、"こういう仕事がやってきたんだけど、どうしよう?"と言ったら、メンバが、"こことこれを切り出して、こっちは私がやりますよ""だったら、それは私が"と、あっという間に全員で分担が決まってしまった。なんだ、相談すればよかったんだ、と思った」


この方は30歳くらいのリーダーでした。メンバに相談する前に、全部自分で決めちゃおうと思って頑張っていたらしいのですが、もっと部下の能力とか経験とかやる気を信じて、早くから相談すればよかったと反省していたのでした。


この話をすると、多くの方が、「そうかー、相談すればいいのか」と目からうろこみたいにおっしゃるのですが、部下がたとえ新入社員であっても、相談してみるのは手だと思います。

だいたい、人は、誰かに相談されると嬉しいもので(そうじゃない人もいますが)、相談されるというのは、頼りにされている証拠でもあり、だから、奮起することが多いはず。

マネージャもリーダーも一人で孤軍奮闘せず、部下なりメンバなりに相談を持ち掛けてみたらよいのです。

報連相は部下のものだけじゃないってことですね。


==================

平木典子さんと金井壽宏さんの共著であるこちら、いい本だなぁと読んだ時思ったものでした。
(どこが?というのは、もうすっかり忘れてしまったのですが)


唯一覚えているのが、「アサーション」を学ぶことは、「リーダーシップ開発の一つだ」的なことが書いてあったこと。なるほどーと思ったものでした。

Comment(1)

コメント

iso

進捗管理なんかしたことのない小さい会社では、部下に「相談」するのはじつは「パワハラ」らしいですよ(呆然

上司「この仕事いつまでならできる~?」(相談)
部下「え・・・じゃあ3日後(できるかどうかわかんないけど来週中とか答えるときっと呆れられるし・・」(パワハラ)

上司「飛び込みの仕事が入ったんだけど、みんなやれそうかな?」(相談)
部下連「・・・じゃあそれは私、これはB君で・・(え~今週は早く帰ろうと思ってたのに)」(パワハラ)

まあ面従腹背な部下ばかりにしてしまった上司の私が悪いんですけどね、ハハッ(乾いた笑い