オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

彼女の家に電話したら、お父さんがでてアワアワした、という経験ができたのは貴重だったかも。

»

今年(2016年)の新入社員研修で、初めて、

「電話の取次ぎって初めて経験したー」

という人たちに出会いました。

昨年2015年までは、「取次ぎはしたことあるけど、最後が中学生くらいの時」という発言はありましたが、今年初めて、「全く取次ぎの経験がない」「固定電話を触ったことがほとんどない」という人たちがたくさん出てきたのです。(1年で大きく変わるわけではないのでしょうが、今年は「初めて取り次いだ!」という声が沢山聞かれました)

彼らは、電話をとても怖がります。

ある新入社員は、人が電話対応のロールプレイを見ているだけで、
「おれ、吐きそう。見ているだけで、吐きそう」
と言っていました。

恐怖のマシン、電話機。

考えてみれば、私も最近、ほとんど電話かけませんし、かかってくることもありません。

家の固定電話も捨てたいくらいなのですが、どうやって廃棄すればよいのかもわからないので、そのままにしています。

何かの問い合わせをしなければならない時も「メールアドレスないかなぁ」とつい探してしまいます。

直接話すのって面倒だし、時間も配慮しないといけないけれど、メールだったら、自分ペースで送ればよいし。

最近は、お客様にもめったに電話しなくなりました。(私は、です。営業はよくTELしてます)

時々、メールの返事の代わりにTELすると、ものすごーくびっくりされて、「え?何かあったんですか?あ、メールの返事ですか?びっくりしたー」と言われることも。

53歳でもそんな感じだから、20代でびびってしまうのは無理もないでしょう。

「若いヤツが、電話の取次ぎもできない!」
とか
「若いヤツが、メールに件名も入れて来なくて、まるで、LINEと思っているみたいだ!」
などと嘆いた揚句に、
「常識がない」「なんてよわっちいのだ」みたいなことを言うのは、言っているほうが、変化に適応できていない気がするのです。

「経験がなかったんだよねぇ」と受容すればよいだけで、"非常識"というのとは違いますよね。
だって、時代ごとに常識、違うし。


そんなこと言ったら、もっと上の世代(たとえば、今の6-80代)に、

「御礼状をメールで出すなんて!」

とか

「手紙を万年筆で書けないの?」

なんて言われる場面を考えてみたらいい。

自分だって、昔のツール、使わないし、使うの、困難を伴うでしょう?

「常識」は人の数だけあるのですよね。


・・・・・・

そういえば、

イマドキの若者は、

「彼女のうちに電話したら、お父さんが出てしまって、アワアワ、アワアワ」

という経験をしたことがないんですよね。

「彼から電話かかってくるかもー」と電話線をお風呂の近くまでひっぱっていた

という経験をしたこともないんですよね。


あれはあれで、スリル満点で、楽しかったですね。

親なんて欺いてナンボ、なので、
親の目を盗んでこそ、なので、
ああいう経験は、得難いものだったかもしれないと思うのです。


===================

ダイヤモンドオンラインで、若者と電話のお話を見かけたので、最近思い出していたことを書いてみました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する