オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

人が育つことに対して寛容でありたい。

»

あちこちで、新人とおぼしき若い人たちが、現場に出て、遠くで近くで「あきこ姉ちゃん」(※1)的に先輩が見守っているという状況によく出くわします。
新人が配属され、現場に出てくる季節になりました。

先日、JR西明石駅で新幹線チケットを購入しようとしたら、窓口に「トレーニング中」というバッヂを付けた女性と後ろに「あきこ姉ちゃん」が立っていらっしゃいました。

私がちょっとややこしいお願いをしたところ、新人さんは、ほんの少し戸惑ったようでした。

「西明石から通路側で新大阪まで。新大阪では、新大阪始発の、窓側ののぞみで東京まで。新大阪始発にしてください」

・・・うーん、としばらく悩み、最初、「新大阪始発を待つと、新大阪で30分以上乗り換え待ちがありますが、よろしいですか?」と訊かれ、「そんなに待つなら、福岡のほうからくるのぞみでもよいです」と応えました。 「あきこ姉ちゃん」が何か小声でアドバイスしていましたが、どうやら、新大阪発がその日に限ってもっと早い時間にあったようで、

「あ、乗り換え9分で新大阪始発、あります!」

ということになり、無事発券してもらえました。

この時、「あきこ姉ちゃん」は、言葉でアドバイスはするものの、決して手を出しませんでした。

私としては、慣れた駅員さんよりうんと時間がかかったわけですが、この人が成長するには、このプロセスに付き合う客も必要な存在だ、と思っているので、じっとニコニコと待っていました。

最後に「大変お待たせいたしました。・・・でございます」と非常に丁寧に、そして、心籠ったお礼を言われたので、なんだか気分よく、新幹線に乗ったものでした。

素敵な駅員さんになってくださいね。

ホテルでも似たようなことがありました。

フロントでチェックインする際、やはり、「トレーニング中」の名札付けた若い方と、後ろに「あきこ姉ちゃん」が。

この時も私が少々ややこしいことをしたため、トレーニング中の方は、混乱しかかっていましたが、一つ一つ丁寧にこなしていました。

事前にホテルに荷物を宅配で送ってあり、さらに、チェックインした際に持っていた別の旅行鞄をフロントに預け、そのまま部屋に入らず、いったん外出します・・・。戻ってきたら、全部の荷物を自分で部屋に運ぶのでよいですか?・・・みたいな話をしたので、平常通りの「チェックイン手続き」だけではなかったわけです。

「あきこ姉ちゃん」のアドバイスなどもあって、無事、全部に対応してくれました。

人が育つためには、時間がかかります。
失敗もすれば、失敗しなくても時間がやたらとかかることもあります。

これに付き合う誰かが必要です。
1人は、あきこ姉ちゃん的存在です。(通常、上司やOJTトレーナーなどがこれにあたります)
もう1人は、お客さんをはじめとする社会です。

自分もかつて大勢に許してもらいながら育ったのです。(許されて来た過去について、人は無自覚ですが)
自分が大きな大人になった時、今度は、若い人が育つ場面に付き合ってあげることが大事です。

そして、寛容であること。これに尽きます。

(※1 あきこ姉ちゃん:星飛馬のお姉さんです。解説になっていない^^;)

===========================

なかなか「重版出来!」とはなりませんが、絶版にもならずに、細々と販売され続けています。
「重版出来!」の夢を見ますが、こればかりは、難しい。

良著です。(自分で言うな!w)

  

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する