オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「研修センター」をつくりたい ― ボクが今、実現したいこと

»

こんにちは。しごとのみらいの竹内義晴です。

いやー、暑いですね。妙高高原は避暑地ですが、日中はさすがに暑いです。でも、雲で太陽の日差しが和らいだり、風が吹いたりすれば涼しいし、寝苦しい夜もまだありません(っていうか、布団がはだけていると肌寒いぐらい)。そういう意味では幸せだなーと思っています。

実は......最近思うところがありまして、「もっと情報発信しないとな」と、なんとなく思っています。「情報発信」と言っても、いわゆる、個人や仕事のアピールをしようという気は全くないし、関心もありません。

でも、なんというんでしょう?自分のやりたいこととか、思ったり、感じたりしていることとか、そういうことは、ちゃんと表現していく必要があるなと。

で、ここしばらく、「書かなきゃ、書かなきゃ」と思っていたのですが、仕事が少し落ち着いたことと、「書かなきゃ」という気持ちが強くなったので、少し書いてみたいと思います。気が向けば、続けて書きたいなーと思っているところです。

で、今日は、ボクのやりたいことについて。

まぁ、ボクのやりたいことは過去にも何度か書いてはいるのですが、時の流れとともに少しずつ変化もしているので、あらためてここで、書いてみたいと思っています。

ボクが今、やりたいことを一言でいえば「研修センターを作ること」です。

ただ「研修センター」と言っても何か分からないと思うので、簡単にお話をしたいと思っています。

「研修センター」を一言で言えば、「ビジネス向けのセンター」なんですけれども、ボクが実現したい研修センターは、「都会の中」にあるのではなく「妙高の自然の中」にあります。

それは、大きく分けると三つの機能があります。

一つ目の機能は「研修センターとしての機能」です(当たり前ですね)。多くの企業の方々から私たちのセンターに訪れていただいて、ビジネスパーソンとして必要なコミュニケーションであるとか、チームワークであるとか、あるいは、メンタル的なこととか、心の柔軟性(レジリエンス)的なことであったりとか。そういうことを気軽に学べる研修センターであったらいいなと思っています。

二つ目としては、「多様な働き方が実現できるセンター」です。この夏なんか特に、非常に暑いですよね。昨日、サイボウズ社内のテレビ会議に参加したんですけれど、「東京は暑いですか?」と聞いたら、「こんな時は竹内さんの所へ行きたい」みたいな話も冗談で出てくるわけですけれども、こうも暑いと体が参ってしまいますよね。

今の時代、パソコンさえあれば仕事ができる人って結構いると思います。それならば、無理に暑いところで働かなくても、例えば、自然豊かな涼しい所とか、全国津々浦々、自分が働きたいところで働きたいように働ければ、なんかすごくいいんじゃないかなと思っています。

私が実現したいセンターには、手ぶらで来れば仕事ができるようなレンタルスペースみたいなものがあるので、そこを自由に使って頂いて、避暑地で安価に宿泊しながら仕事をしていただく......そんなセンターになればいいなと思っています。最近で言うところの「ワーケーション」ですかね。

P_20180713_101114.jpg

三つ目の機能としては、「自分を取り戻す場」ですね。不幸にも、仕事で何かストレスを抱えてしまって、それで、診断の結果「心が疲れています」なんて言われてしまったとき、病院に行って自宅で薬を飲みながら過ごすっていうのも、それはそれでいいと思うのですけれど、もし、私たちのセンターに来ていただければ、農場で米を作ったりとか、あるいは、畑で野菜を作ったりとか、体を動かしながら自分を取り戻すことができます。

また、私たちのセンターは宿泊施設も作りたいと思っているので、宿泊施設のバックヤードで働きつつ、週に一回とかワークショップをしながら、改めて「自分の働き方」を考えたり、仲間と議論をしながら「働きながら回復していく」プログラムにできたらいいなーと思っています。で、3ヶ月なりなんなり過ごして、ある程度回復したらまた都市部の会社に戻っていただいて、今まで通り働いてもらえばいいかなと思っていて。

私が作りたいのは、これらの三つを兼ね備えたセンターです。

で、このセンターは、できれば地域のみなさんと一緒にできたらいいなと思っていて。

妙高には温泉とか、食事とか、あるいは、自然とか、とても素晴らしいものがたくさんあるので、一日目は研修を受けて、2日目は農業とか自然体験とか(たとえば、こんなイメージ)、いろんな体験をして都市部に戻っていただければいいなと思うので、地域の様々なリソースを活かして、地域のみなさんと一緒に働ける研修センターになればいいなと思っています。

というわけで、今日は、ボクが実現したい研修センターについてのお話でした。次回は、今取り組んでいることについてお話したいなと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する