オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「いい気分」でいられるようタイムラインを整理する

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

SNSはいろんな情報が流れてくるので便利だ。きほん、「いい気分」でいたいので、タイムラインに流れる情報は好きな人や好きな情報が流れてくるように整理している。

でも、ときどき刺客的な発言を読んでみたくなることがある。政治や経済のネタは、特にね。で、先日、ある著名人をフォローして、何日かはタイムラインが「あーだこーだ」「すべったころんだ」と、普段ない空気でにぎわっておりました。

で、こっちも「そうだそうだ!」とか「すべった?ざまーみろー(失礼)」なんて、思わず興奮していたのだけれども、ふと、気づくと、それは「いい気分」じゃないほうに動いていっているような気がして、「あー、これはいかんいかん」と、フォローをはずしたのでありました。

刺客的な発言というのは、「〇〇はダメだ!」「〇〇は断じて許されない!」のような刺激的な発言が多い。それはそれで正しい意見なのかもしれないし、それに同調している時点で、ある意味では「いい気分」なのかもしれない(興奮するしね)。

けれども、少なくとも「おだやか」ではないのです。

かといって、そういう情報に全く触れないのも、なんとなく偏ってしまうような気もするし......。

それでも、やっぱり「いい気分」でいたいので、現時点では「いい気分」でいられる情報を選ぼうかなと、思っている次第であります。また、「いい気分」でいられる人の情報は、言いたいことを批判的にではなく、別の表現を使いながら、ちゃんと伝えていたりもするのでね。

もっとも、本来、さまざまな情報には、ネガティブもポジティブもなくて(その証拠に、同じ発言でもネガティブに受け取る人もいれば、ポジティブに受け取る人もいる)、ボクがそのように反応しているだけなんですけどね。だから、いいとか、わるいとか抜きにして、情報にフラットに触れて、感情的にもフラットな状態でいられればいいんでしょうけど、なかなか......。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する