オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

人の中身はそんなに変わらないのかもしれない

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

古くから付き合いのある人たちとは、今も年賀状のやりとりをしている(逆に、最近出会った人たちとは、あまり年賀状のやりとりをしていない)。

去年の1月1日、年賀状を読んでいたら、お世話になった先輩が退職する年代だということに気が付いた。

「毎年、年賀状はやりとりしているけど、今会っておかないと、もう一生、会うこともないかもしれないな……」

先輩や同僚には、仕事でもプライベートでも本当にお世話になった。そこで、「よし、今年はお礼参りをしよう」と決めた。

~~

最初に遊びに行ったのは、日産時代に同じ部署で働いていた先輩や後輩たち。

今の仕事を聞くと、自動ブレーキや自動運転など、最先端の仕事に関わっているらしい。海外出張なんかの話を聞くと、単純に「わー、すごいなー」と思った。

次に遊びに行ったのは、主に遊び(ダイビング)で付き合いのあった人たち。

日産は技術系の仕事だから男ばっかりだったけれど、こっちには華があったんですよ。華があるとね、男は単純にうれしいんです。今はみんな結婚しているけど、当時のいろんな話に花が咲いて。

次に遊びに行ったのは、Niftyserveのパティオ(なつかしい!)で仲良くなったバイク乗りの人たち。

呼び合うのは、なぜか当時のハンドルネーム。「昔のバイクのりは、もっと変態がいっぱいいたよなー」なんて。

それから、最後は日産時代に仲の良かった同期のグループ。

こっちも、みんな変わっていなかったなー。酒には弱くなったけど。

~~

日産を辞めてから17年、いろいろあった。正直、大変なこともあった。いろいろあったから、自分では、「昔と比べると、ちょっとは変わったかな」なんて思っていたけれど、周りから掛けられた声は、「よしはる、お前、全然変わんないなー」だって。でも、この言葉は嫌じゃなかったなー。というより、うれしかったかも。

逆に、ボクの目から見てもみんな変わってなかったもん。よく、「変わらなきゃ」なんて言うけど、人の中身(というか、持って生まれた資質みたいなもの)はそんなに変わらないのかもしれないなー。

~~

最後に、ひとつ宣伝です。

@IT自分戦略研究所に連載している仕事が「つまんない」ままでいいの?に新しい記事、「会社」「辞めたい」と思ったら――くじけそうな新社会人への処方箋が掲載されました。

この記事ように、社会人になって最初の会社って、学生時代から環境がガラッと変わる、人生で言えば大きな変革期の中の一つだから、良くも悪くもいろいろな記憶として生涯残るものだと思うんです。そういう、大切な時代を、「いい時間の過ごし方をしてほしいなー」と思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する