オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

ビジネスパーソンのための「こころの整え方」

»

心の中にある、あなたにとって本当に大切なことを改めて自覚してみる。

「本当は、○○をしたいのに......」と思うこと、改めて感じてみる。

それが、一体何なのかは、人によって異なることだけれども、今の生活、今の仕事に関わらず、「本当の自分はどうしたいのか」を常々感じていることは、非常に重要です。

なぜなら、人は感じたことを中心に物事を形成していくからです。頭の中で考え、想像し、それが思考を生み、感情となって、現実社会を作り上げているので、今の環境に関わらず、自分がどうありたいのかを常々考えていけば、それが後に思考となり、感情となり、行動となっていくことで、環境が作りあがっていくわけです。

なにも、難しいことではありません。「本当は、何をしたいのか」を改めて考え、それをイメージし、そして、そうなっている姿を想像したときに感じる身体感覚を感じればいいのです。そうすれば、少なくとも、感情は味わうことができます。その感情は、とても心地がいいものなので(それはそうですよね。「本当に○○したいこと」をしているのですから)、それだけで、日常的な仕事のストレスを和らげ、自分の心の中を整理整頓することに役立ちます。

私たちの感情は、思考とともに生まれます。あることを考えると、それによって感情が生じ、それにともなった行動を取ります。

であればあるほど、自分の思考を整え、感情を整理し、いつも心地よい状態を保つこと。それだけでも、ストレスが多いビジネスパーソンにとっては、感情のコントロールにとてもいい影響を与えるでしょう。

それは、瞑想など、そういった、難しいことではなく、「本当は、○○であったらいいな」を想像し、イメージするだけでいいのです。そうすると、それにともなった感情が生まれるので、心も落ち着きます。ワクワクした感覚が生まれます。

そうするだけでいいのです。こころを整えるためには。

シルバーウイークのはじまりですね。今日も楽しい一日でありますように。

Comment(2)

コメント

現役復帰

「本当は、○○であったらいいな」を想像し、
現実と理想のギャップを再認識することになり、逆に辛いんですが...。

現役復帰さん、コメントありがとうございます。
なるほど、現実と理想のギャップを再認識することになり、逆に辛いんですね。
で、本当は○○だったらいいなとか、ありますか?

コメントを投稿する