オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「まとめずに検索せよ」―場の特性を考える必要性

»

先日、ある方とお話をしました。
起業に関するお話だったのですが、

「○○(その方が問題と思ってるテーマ)に関する情報がバラバラで、
 本当に必要な人に伝わっていない。
 だから、ネット上で必要な情報をまとめて、閲覧できるサイトを作りたい」

と言うお話でした。

このようなお話は、結構耳にします。
「地域の商店街を集めたポータルサイトに登録しませんか?」という話も、以前よく聞きました。

情報をまとめるのは、インターネットではない世界なら有効ですよね。
たとえば、旅行に行くとき、観光地のチラシがいくつかのところにあるよりも
一箇所にあったほうが断然便利です。

でも、インターネット上では、検索すればいいわけで、
まとめることはあまり必要がないことなのでは?

GMailは、「メールは分類せずに検索せよ」という考えに基づいているそうですね。
メールに限らず、インターネット上の情報も同じですよね。
まとめることよりも、いかに検索にひっかかるようにすることのほうが
大切だと思います。タイトルのつけ方とかね。

何か、新しいことを始めるのなら
それぞれの場の特性を考えることが必要なんじゃないかと思った出来事でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する