オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

ドロップショッピングでトラブル増加…への違和感

»

ドロップシッピングでトラブル増加 高額契約金にご用心という記事をみました。

これを見たとき、なんだか違和感を覚えました。

この報道によれば、

ネット上に商店を開くドロップシッピング(DS)をめぐるトラブルが増えている。ホームページの作り方などノウハウを提供する業者に多額の契約金を払ったのに、宣伝通りの利益がないというケースだ。不景気の中、副業でDSを始める人もおり、東京都は注意を呼びかけている。

とのこと。ノウハウ提供の見返りに、「必ず儲かる」と100万近い契約金を求める業者がいるといいます。

そのノウハウと価格が適正なのか否かはわかりませんが、私が違和感を覚えたのは業者側というよりもむしろ、「お金を払って簡単に儲けよう、売り上げが上がらないのは業者が悪いからだ」という利用者側のメンタリティのほうです。

言われたとおりホームページをつくって、たった3ヶ月で結果が出るなら誰でもやると思うんです。どんな業界でもそうだと思いますが、うまくいかないことを工夫して、うまくいかせるようにするのが商売だと思います。また、「なぜそれを売るのか?」「なぜそれじゃないとだめなのか?」などがないと、最初はノウハウで仮にうまく行ったとしても、結局すぐにうまくいかなくなってしまうと思うのです。

悪徳業者を肯定したいのではなりません。何事も失敗の繰り返しが、血となり肉となって、自分なりの成功につながっていくと思います。ぜひ自分で研究して結果を出して欲しいなと思いました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する