オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

ブランド、について-2

»

先日僕はブランドの価値を図るには、

ブランド名=カテゴリー、カテゴリー=ブランド名

の公式に、自分のブランド(商品名、会社名、なんでもいい)を当てはめてみればすぐに分かる、と書いた(7月28日エントリー)。

ブランディングの基本に真っ向から反抗するようなネーミングをする人たちが、政治家にはまだまだ多いのに、本当に驚いたので、ここで短めに書く。
それは田中康夫長野県知事率いる、新党「日本」である。

「日本」と聞いて、皆さんは政党をすぐにイメージできるようになるだろうか?

「(新党)日本を応援してください」「は?」
「日本の田中さん」「どこの?」
「日本の政策は・・・だ」「誰の政策?」

と、とんちんかんな会話がすぐに頭に浮かんでしまうほど、このネーミングはおかしい。
例えば頭痛薬のブランドを「頭痛薬」と名付けたりするようなものだ。

一般名詞を固有の団体の名称にするのは、混乱の元である。例えば民主党にしたところで、そもそも自由民主党、である自民党と、主義主張の何が違うのか非常に分かりづらい。だから、選挙で自民党が自分たちを自由民主党、と音読した場合、民主党は結構ツラくなると思う。
米国であれば、民主党と共和党(もちろん元は英語だから、この例も良くはない)であれば、はっきりとその違いが分かるし、支持基盤も政治思想の違いも明確であるのに。

新党日本は、10年経っても 新党、と呼んでほしいのだろうか?それとも、この選挙後には無くなっていると分かっているから、こういう名前にしたのだろうか?

(注)このエントリーは政治の話ではなく、ブランディングの話です。
   自分の考えでちゃんと候補者を選んで投票に行きましょう。

Comment(5)

コメント

y

>「(新党)日本を応援してください」

テレビではちゃんと新党日本と言ってましたので「このネーミングはおかしい。 」ことにはならないですね。

個人的には日本ではなくにっぽん、であるとか、にしたほうが柔らかくて良かったのかなあ、という気も。

某とおりすがり

> 新党「日本」
ブランディング云々より、「日本新党、忘れたの?」という基本的な部分でダメな感じがします。(あくまで“政党名”として) たとえば「日本新党」は、これはこれでブランディングは成立していたと思いますから、おかしいとは思いません。
> 例えば民主党にしたところで
「自由と民主主義の宣言」なんて書いている「日本共産党」とかありますね。野党が、差別化を「政策の違い」に求めようとするあまり、“なんでも反対”野党に成り下がってしまうのは悪い癖。:-

党員の一人の荒井さんが新党の名前は「日本」と言っており、つまり新党日本ではないのです。
単に日本と呼ぶと訳が分からないので、メディアでは新党日本と表現せざるを得ない。ならば、将来もし政権とったら与党日本でしょうか。ありえないですね。
結局、それほど長い期間存続することを全く考えていない政党です。

首藤

>政権とったら与党日本でしょうか。ありえないですね。
「日本党」でよいのでは??
韓国には「ウリ党」という政党がありますねぇ・・・。同様の議論はされるかもしれません。

>首藤さん

「日本党」ならこれまでの指摘からは外れることが出来ますね。
でも、ブランディングという観点から言うと、問題は”音声”なんです。
耳で聞いてどうとられるかがかなり重要です。
日本党は、間違いなく日本刀、というSoundに聞こえます。ニッポントウ、でもまだ、難しいですね。

問題は、どう聞こえるか、何か別のものを想起させたり
しないか、ということにあります。

コメントを投稿する