オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

ペトロビッチという名将

»

ラグビーW杯の影にすっかり隠れてしまった感のあるサッカー、野球

そのサッカーにもペトロビッチという名将がいる。

浦和で長く監督を務め、昨シーズンからコンサドーレの監督になった途端コンサドーレをJリーグで4位にまで躍進させた。

彼のサッカーは4−3で勝つサッカー。それまでのコンサドーレはJ1に留まるための堅守型。

J1でトップを目指すにためにペトロビッチが選手に求めたのが、「勝つために自分が伸ばすべき能力は何か」ということ

コンサドーレのトレーニング(ミニゲーム)ではゴールを決めると「ブラボー」という声が選手からもコーチからも湧き出る。

かつては「なんで、やられるんだ」という声が「ブラボー」に変わり選手の意識も変化した。

コンサドーレがこの1〜2年で全く別のチームに変化した。その秘密を探りたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する