オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

YouTubeのチューブって何?意外と知らない人が多かった

»

おはようございます。

気温は8℃。それほど冷え込んではいないですが、今朝は風が強くて寒く感じます。

===ほぼ毎朝エッセー===

最近、何か所かで話題にしてみて意外と知らない人が多かったので。

Tubeというのはチューブです。なぜ自分をチューブする?

いまやすっかりフラットディスプレイになってしまいましたが、その昔、テレビはブラウン管というものでできていました。そのブラウン管の原理は、次のようなものです。

・フラスコ型のガラス容器を真空状態にする
・フラスコの底部分には電子が当たると光る蛍光塗料が塗ってある
・蛍光塗料は黒い部分と縞々の状態で塗ってある
・黒い部分に電子が当たっても光らない
・フラスコの首部分にある電子銃を熱して電子を放出させる
・放出された電子は、フラスコの首部分にある電磁石で起動修正される
・軌道修正された電子はフラスコの底部分にぶつかる
・蛍光塗料に当たった電子は光り、黒い部分に当たったのは光らない
・これを繰り返し画面いっぱいに電子を当てながら画像を出す
・それを1秒間に24回とか繰り返して動画を再生する

このフラスコ型の容器をブラウン管と呼んでいました。英語ではBraun Tube (Braunさんはドイツ人の発明者)、あるいはCathode-ray tubeと呼ばれます。略してTube。

だからテレビに映ることをTubeという動詞で使ったわけですね。そして、YouTube、自分をテレビに映してしまえ!そういうサービス名になったわけです。

以上、昭和生まれのうんちくでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する