オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

飛行機から入国審査前の無国籍地帯にあるトイレにiPhoneを忘れた、どこの管轄かご存知でしたか?

»

おはようございます。

冷え込みますね。手がかじかみます。

==

日曜日の帰国話の続きです。

飛行機では真ん中席だったので、トイレを若干我慢し気味。
飛行機から降りて、入国審査前に歩く長い廊下。そこにトイレがありますよね。

早速立ち寄りました。

荷物が沢山あるので、それらをわさわさと扉の中に入れ込みます。
手に持っていたスマホ2台はコートと一緒に後ろの台に乗せました。

用を足し、久々のウォシュレットに「これこれっ!」と感激します。
日本から出るとお尻洗いに不便します。

再び荷物をわさわさと扉の外に出し、コートを着て、いざ入国審査へ。

エアバスは大きな飛行機だったので、入国審査にはそれなりの列ができています。
待っていると暖房がきつく汗が。コートを脱いでキャリーバッグに縛りつけます。

==

日本の入国審査官はあっさりとしたもの。すぐに自分の番になりました。
パスポートを見せて受け取り、荷物の引き取りも無いので、そのまま颯爽と通関へ。
そしてあっさりと外へ。手荷物だけの移動だと、この素早さがたまらないです。

出口目の前にある高速バスカウンターで切符を買い、30分ほど待つので、ゆっくりとすることに。

Galaxyでメールのやり取りを一通り終え、「iPhoneも機内モードから戻さねば」と、
ジャケットのポケットをまさぐって青ざめます。

「え、iPhoneがない!」

冬はポケットがたくさんあるので、あきらめずにあちらこちら探すのですがダメです。
思い起こすと、あのトイレの台に忘れたのかも知れません。

「うう。よりによって無国籍地帯に置いてきてしまったか」

あそこはトランジットの外国人もたくさん利用するところです。
そこにiPhone 5が置いてあったらどうでしょう。さっさと持っていかれる可能性大。

==

「これは猶予ならないぞ、すぐに誰かに救出してもらわねば」

そう思い、成田のインフォメーションに行きます。

「すみません。入国審査前のトイレに携帯を忘れたのですが…」

するとそこにいた女性たち、珍しい相談だったのでしょう。
3人であれこれ相談してくれます。

「ここに電話してみてください」と、紙に電話番号を書いて渡してくれました。

「助かります」と、紙を受け取り、早速電話をしてみたのです。

==

「はい、税関事務所です」

「あの、飛行機を降りて入国審査前のトイレに携帯を忘れたのですが、
  こちらでよろしいでしょうか?」

「入国審査前ですか?」

「はい」

「ああ、では、こちらの管轄ではないですね。
  税関事務所の管轄は入国後、バゲッジクレイムのあたりから出口まで。
  あの廊下だと、管轄は航空会社ですねぇ。そちらに問い合わせをしてもらえますか」

「え、となると、ルフトハンザですか?すみませんが電話番号わかりますか?」

そう聞くと親切に番号を調べて教えてくれました。

早速ルフトハンザに電話をしてみます。

ところが、休日なので時間外であるとの冷たいアナウンスが…。

==

「色々写真を撮ってあったのに」と、いざiPhoneをなくすと困ることが頭をよぎります。

そこにふと目についたキャリーバッグに縛り付けたコート。

「もしや」と思い、ポケットを探してみると…、ありました。

恥ずかしいやらほっとするやら。

とりあえず、先ほどのインフォメーションの女性たちに報告に行きます。

「あの、先ほどの入国審査前のトイレの携帯の件なのですが、二つ報告があります。
  あそこの管轄は税関事務所じゃなくて、航空会社とのことでした。
  そして、トイレに忘れたと思った携帯ですが、見つかりました!」

「わぁ!よかったです~」インフォの女性たち、パチパチと手を叩いて喜んでくれました。

お騒がせしました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する