オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

日経新聞 電子版 for iPhone

»

電子版の開始と同時に、電子版のみの会員となり、パソコン上で日経新聞を読んでいました。

紙から電子版に移行する人が急激に増えるのを恐れてか、使い勝手は、あまりよくないという印象でした。

特に、新聞のイメージのまま見せる方法だと、どんなに大画面、高解像度のスクリーンを使っていても、ある一定以上の大きさにはならず、あとは、紙面を部分拡大するしかありません。

また、この拡大も反応が遅く、はっきりと読めるようになるためのフォーカスが決まるまでに非常に時間がかかったり、ある時には、ぼやけたまま、フォーカスが合わないということも結構な頻度で発生します。

仕方なく、いわゆるブラウザインタフェースの紙面ページを参照していましたが、これではページ毎にマウスをクリックして、一覧ページを表示して、次のページを見るという操作が非常に煩雑に感じられました。

そういう状況で、iPhoneでも日経新聞が見れるようになったということで、早速ダウンロードして使ってみました。

産経新聞もiPhone用のアプリケーションを提供していて、その使用感から最初は似たようなものかと想像していました。

こちらは、新聞のイメージを部分拡大して見るという形態で、さすがにiPhoneの狭い画面では、部分拡大する手間が非常に面倒でした。

iPhone 4になって、画面が精細になったので、3Gの時よりは、拡大の程度が少なくてすむようになった感がありますが、それでもやはり拡大、移動を繰り返すのは手間です。

そういう状況で、iPhone版を使ってみた所、インタフェースは、本質的には、パソコン版のブラウザインタフェース版と同じでした。

しかし、使い勝手は、全てが指先でできるので、マウスをクリックすることに比べて、全然苦になりません。

表示の切り替えが早いということとあいまって、非常に快適です。

また、先読みをしてくれるので、あとでネットワークに接続せずに(電波の届かない所でも)、閲覧することができます。

これからは、基本はiPhoneで新聞を読むことになりそうです。(購読料は、紙の半額くらいにしてほしいところです。)

ただ、先読みをどこまでしてくれるかが、まだはっきりわからなく、オフラインで読んでいる時に、そのページはダウンロードされていない旨のメッセージがでることがあります。

一日分をきっちり先読みする方法がないのか(きっとあるだろう)模索中です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する