オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

日本製携帯電話再度海外進出

»

「ガラパゴス携帯」、世界へ=日本メーカーが海外進出を加速―中国メディア

中国などでやっと3Gの携帯電話の需要が高まってきているらしく、日本の携帯電話ベンダーがそれらの市場への再進出をねらっているそうです。

日本だけでは、需要増も期待できませんので、その方向しか道はなさそうです。

一時期は、ガラパコス携帯と呼ばれて揶揄されてきましたが、機能要求が高まってくると、小さなスペースに多機能を詰め込むことに関しては、日本はやはり優位性を持っているということなのかもしれません。

GPS、高画素数カメラ、テレビ、超薄型モデル、インターネットなど「ガラパゴス携帯」が育ててきた技術が魅力だとのことです。

やっぱり、日本は小型ハードウェアは強いですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する