オルタナティブ・ブログ > 鈴木貞弘の“Salesforceの匠に聞け!” >

いまさら聞きニクいクラウドCRMあるある

第50回 Dreamforce2019 Day2レポート

»

皆さん、こんにちは。

Dreamforceは折り返し地点の2日目を終わりました。

本日はService CloudCommunity Cloudをはじめとしたプロダクトのロードマップセッションを中心に聴講してきましたので、その内容をお届けします。

Trailhead Keynote

Trailhead Keynoteでは基調講演でも発表されたモバイルアプリ「Trialhead GO」や、ライブ配信で学習コンテンツを提供する「Trailhead LIVE」についての紹介が行われました。

50-1.JPG50-2.JPG

また、注目すべき内容としては、myTrailheadで作成したコンテンツをコミュニティ経由で顧客やパートナー向けに展開する仕組みについても発表されました。

50-3.JPG

Service Cloudのロードマップ

Service Cloudのロードマップセッションでは、下記の写真のように様々なアップデートの計画が発表されました。

50-4.JPG

中でも注目すべきは「Service Cloud Voice」です。

これはDay1のレポートにも記載したとおり、Service CloudAmazon Connectの連携強化により実現された機能であり、お客様との通話内容をそのままSalesforce上に保存します。

保存された通話内容はテキスト化され、テキスト化された内容をEinsteinにより解析し、オペレータに対して適切な解決策を提示するという優れた機能となっています。

こちらはSummer'20でのリリースが予定されているそうです。

50-5.JPG

その他、バルクでのマクロ実行やマクロをバックグラウンドで実行する機能、Lightningのメールテンプレートを作成する機能などが紹介されました。

50-6.JPG

Community Cloudのロードマップ

Service Cloudとは比較的近い製品であるCommunity Cloudのロードマップセッションにも参加しました。

内容としてはCMS関連の機能強化や、B2B Commerceとの連携についてのリリース計画が紹介されました。

50-7.JPG

Community Cloudの今後のリリース計画の中にB2B Commerceが入っているので、CMSなどの一部機能はCommerce Cloudと統合されるのかな、という印象を受けました。

Day3はKeynote Day

明日3日目は様々なコア製品の基調講演が行われます。

私はSevice Cloud Keynoteに申し込んでいますので、本日ご紹介したロードマップ以外の情報についても本ブログでご紹介します。

【おまけ】
サンフランシスコの丘の上から撮影した夜景です。

50-8.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する