オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

なぜ電子書籍元年か(3)

»

先回、電子書籍元年の記事を書いたのが昨年なので、既に「電子書籍元年から2年目」となりますが、どうも日本の電子書籍が振るわないようです。

先日は電子書籍機器メーカー各社が端末にてこ入れするという記事が載りました。

Facebookで紹介された記事においても、日本でE-bookが売れないのは当然だとの評論が出ています。

やはり、日本には世界に先駆けた(と個人的に思う)書籍市場の多様化があり、一筋縄ではいかないのではないかと思います。

まずは、「文庫本化」ビジネスの定着。新刊本を文庫本化することで二次的な市場を吸い取る仕組み。

次に、いまや全国レベルで充実化し、底辺層を吸い取る古書ビジネス。

とどめが、新刊本の品ぞろえが半端でない公立図書館網。

とにかく、書籍市場のあらゆるセグメントに強烈なプレイヤーが多すぎるように思います。

その中で、電子書籍が着実に獲得できているのは、常にカネを払っていち早く新刊本を購入したい人たち。マンガやアニメの愛好家であり、この分野で売れているのはやはりというか、さすが日本だと思います。

私自身はごく典型的な、普通の書籍市場の顧客と思いますが、電子書籍にまったく興味ないので、なかなか浸透しにくいツールということなのでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する