オルタナティブ・ブログ > テクノロジーと希望 >

開けてしまったらあふれ出すテクノロジー。そこには希望が残っていた!

本日IBM最終出社日でした

»
本日、IBM最終出社日でした
2015033001.jpg
豊洲の研究所および箱崎本社を挨拶してまわり、貸与電話、PC、社員証などを返却してお別れを告げました。

2015033002.jpg

2015033003.png

隅田川の桜に見送られ、豊洲の研究所と箱崎本社を後にいたします。
また一番長くお世話になったソフトウェア事業(Software Group)の同期の何人かにも千鳥ヶ淵でのちょっとしたお花見と4回目となる卒業式を開いていただきました。
2015033006.jpg
2015033004.jpg
ごめんね、さっちゃんが写ってない。またこんどの10日にね。
2015033005.jpg
4月に入ってもまだ当分卒業式が続く予定です・・・。
IBMで心にとめておいた自分としてのポリシーみたいなことがあります。
1.プログラムコードから離れないこと
2.若者を育てること
プログラムコードから離れないこと・・・・
ソフトウェアのエンジニアである限り、コード書かなきゃ意味ないんです。ソフトウェアとは経典みたいなもの。お経を唱えられない坊主なんて意味ないです。コード書けないソフトウェアエンジニアなんてありません。後輩のみなさんにも伝えます。ソフトウェアに興味があるなら、コードを読みなさい、書きなさい。それはお経のようなものです。写経しなさい、読み上げなさい、自分でお経を書きなさい。べつにC/C++/C#/Obejctive-C/Java/Groovy/JavaScript/Ruby/PHP/Pythonみたいなプログラミング言語じゃなくてもいいです。昔ならJCL、いまならスクリプトやシェルでもいいのです。
若者を育てること・・・・
以前、エバンジェリストをやっていたころ「米持さんのコピーをたくさん作ってよ」といろんな方から言われました。そこで言われた、近所の(おそらく私より、年上のエンジニア、あるいは少しだけ若いエンジニア)を、そのような対象に思ったことはありませんでした。彼らは私にとってライバルでしかありませんでした。私に近しい仲間や後輩の皆さん「どうしてこの人はなにも教えてくれないんだろう」と思ったでしょう。あなたは私のライバルでしかなかったからです。
でも、もっとすごく若い皆さんは違います。私たちと違う年代に生きていて、違う技術を身につけている。そういう人には、少しでもたくさんの、自分の経験や感覚を伝えたいと思いました。古い世代から新しい世代に伝える。それが人間の営みだし、それが科学であり文明だからです。だから新人研修は積極的に引き受けました。今年も、退職直前なのにもかかわらずProVISIONコンテンツリーダーとCAMSSの研修ビデオ撮影を引き受けました。ProVISIONを読むみなさん、そのころには私は他社の人。今年の新入社員のみなさん、皆さんがビデオを観るころにはわたしはいません、ごめんね。でも少しでもみなさんに今の思いを伝えたいんです。大学の授業もたくさんやりました。これからもやる予定です。
Comment(2)

コメント

Kishiko Inoya

米持さんの技術記事を読み、たくさん勉強させていただきました。
XCITE 2014にて、少しだけお話ができ、大変うれしかったです。
これからのさらなるご活躍をお祈り申し上げます。

紫関昭光

米持さん、SWエンジニアはコードが読み書きできねばならないというポリシーに深く共感します。もっと言えば人間はプログラムが読み書きできる人とそうでない人で色々な機会や可能性が分かれる時代がすぐそこまで来ている気がしてなりません。

コメントを投稿する