オルタナティブ・ブログ > テクノロジーと希望 >

開けてしまったらあふれ出すテクノロジー。そこには希望が残っていた!

DIYを勘違いしないで

»

前の記事を書いていて書きたくなってしまったので、あっためていたネタをもう一本。

ソフトウェアの世界でもDIYが流行していて、それを勘違いしてる輩が多いので、その点について注意を。

私の個人ブログを読んでいる人はご存じですが、私はDIYが趣味です。昔の言い方なら「日曜大工」ですね。といっても、素人さんの仕事とは違いますよ。一応大工の息子で、プロの仕事を現場で手伝ってましたから・・・中学の進路指導で「IBM行きたい」と書いたら勘当騒ぎになり大変でしたが・・・。でも、今でも電動機を何台も持っていて、家の中には手作りの家具やら巨大な棚がたくさんありますし、リフォームも製図して指示しました。

みなさんのお家の近くにも「ホームセンター」というのがありますよね。いわゆるDIY(Do It Your Self:自分でやっちゃう)店です。大工さんとかが仕入れるような素材や器材を売っていて、そこで材料を買ってきて自分で作る、というための店です。

つい先日もテレビを買い換え、液晶テレビになったもんですから床にあったオーディオ類もすべて壁に吊りました。オーディオ類は合計60kgもあり、テレビは26kgです。でも自分で設計し、強度計算もし、すでに1ヶ月以上経ち地震も経験しましたがびくともしません。一応、元プロの息子ですから(えっへん)。

材料費は12,000円くらいだったと思います。たぶん、大工さんに頼んだら、8万とか10万とかかかります。

こういう話しを聞くと、「あーDIYて安いんだ」と思う人が多いでしょう。「でも、自分じゃできないしな」と思う。だから「大工さんに頼んでDIYで安く作ってもらえないかな」と考えるんです。

ちょっとまってください。それは大きな間違いです。

大工さんに頼んで作ってもらう場合、ホームセンターで調達するよりずっと安価に材料を手に入れてもらえます。支払う料金のほとんどは大工さんの「工賃」なんです。

もしホームセンターですべての材料を購入して大工さんに組み立てを頼んだら、よけいに高くなるでしょうね。

これは、オープンソースにも言えることなんです。

オープンソースは、DIYショップで入手できるソフトウェアみたいなもんです。ネットワークアクセス費で入手できるソフトウェア。流通コスト(流通に従事する人に対する対価)を支払わなくていいので、安く手にはいります。「オープンソースをサポートしてくれるベンダーはいないの?」という人がいますが、それは「DIYで作ってくれるプロの大工さん」を探すようなもの。なんかおかしいと思いませんか?

オープンソースでコストを削減できるのはDIYする(自分でやる)ときの話。プロに頼みたいなら、商用ソフトウェアを購入したほうが安いですよ。

Comment(14)

コメント

あびる

ライセンス費用が掛からないので、初期導入費用は削減できますが、有償サポートを受ければランニングコストは大して変わらないのかもしれませんね。

もんもんしー

最後の一文が全てですね。特にソフトウェアは開発だけでなく導入後の維持も考えなくてはならないので、そのコストと手間も検討課題です。
だけど、この時勢どうもコストばかりが先に立って初期費用ばかりに目が行き勝ちなので、発注する現場サイドも稟議を通したい、または営業サイド取りたいが為に、「あえて」筆者様のおっしゃるような無茶な要求をするケースもあるようです。
これをDIYに例えるなら「プロと素人のつぎはぎ工事」って事になるんでしょうね。そもそもDIYって「Do It Yourself(=あんた自身でやれ)」ってことなんですから。

あびるさん、もんもんしーさん、コメントありがとうございます。
「初期コスト」と「ランニングコスト」をよく考えないといけないですね。

えーと、ちょっと待ってください。論旨は良いとしても、その周辺が色々とおかしくないですか?

(1) オープンソースと無料ソフトウェアを混同しないでください。

無料であるだけであれば確かにサポートの問題が発生し得ますが、オープンソースなライセンスであればこそプロにとっての使い勝手がよい局面が生じるんです。IBMのようなCPUからOSから全部持ってる会社のプロは別にそんなメリットは改めて得るまでもないとしても。

(2) 「大工さんに頼んで作ってもらう場合、ホームセンターで調達するよりずっと安価に材料を手に入れてもらえます」と直後のソフトウェアの低コスト調達の部分で相似性が成り立ってません。

もし、ランニングコストを含めればコストが大して変わらなくてかつ品質やプロにとっての使い勝手も変わらないなら、そりゃ初期コストが低い方が良いに決まってます。するとオープンソース製品を指定してプロに頼むのが一番だね、という結論になります。

が、この話は、もし大工さんの調達よりも安いホームセンターがあったらDIY+大工さんにすべき、という話だったんでしょうか。実際にはホームセンターで半端なものを買ってきても大工さんは使いづらいでしょうね。

focusすべきはプロにとっての使い勝手や素材の適用可能範囲であって、DIYの場合に成り立っていた素材のコストの話はソフトウェアでは成立していません。

素人考えで半端なケチりかたをしてもプロはかえって迷惑で誰も幸せにならないというのは賛同しますけれども、比喩として挙げているものが論をまったく補強していないように思えます。そして、「プロ」の立場と領域によっては、「大工さんならではのより安価なプロ用調達経路」としてOSSが機能する場合もあるわけです。

Yuguiさん

コメントありがとうございます。

キツイ書かれ方をされているので、きちんと回答させていただきますね。

まず最初にお断りしておきますが、私は日本IBMの中ではオープンソース・ソフトウェアを推進する立場にあり、OSSのチームにも所属しています。

「たとえ話」なんて、「共通の部分が少しある」って程度のものです。完全に同じで相似性が成り立って、なにも矛盾がなかったら、それは例え話しとは言わないのでは?私は完全な理論として成り立たないものはブログに書かない、ということにはしてないので矛盾が生じる場合も少なからずあるかもしれません。その点はお詫びいたします。ブログなんてその程度のものだと思って読んでいただいたほうが今後の人生にとってよいかと思います。


まずオープンソースと無料ソフトウェアを混同なんかしてません。だから「DIY」だと言ってるんです。オープンソースは完成版というより素材としての意味が強いと考えています。だからホームセンターを例にとりあげています。ここで「ホームセンターにも完成品は売っている」とかいうツッコミはしないでください。素材をたくさん売っている場所としてDIYショップを取り上げているだけで、DIY以外のものは売ってない、ということではありません。


> 「もし大工さんの調達よりも安いホームセンターがあったらDIY+大工さんにすべき、という話だったんでしょうか。」


違いますよ。きちんと意味が読み取れてませんね。反論書くなら、もう少しよく読んでみてほしかったです。


「DIYは自分でやるから安い」→「オープンソースも自分でやるから安い」という共通点について書きました。他のコメントを書いた方はきちんと理解してコメントされていると思いますので、文章が間違っていたり、書き方が間違っていると思いません。


ベンダーが積み上げてしまったコストに商用ライセンス料金が無駄に高いことはあるかもしれません。そこには、オープンソースや無料ソフトウェアの意義はあります。それは私も知っていますし、IBMも初期コストゼロにする無償ソフトウェアも出しています。

でもですね、無償のバージョンは失うものも多いんですよ。だから、IBMのお客様の多くが今でも有償ソフトウェアを利用しています。


>「実際にはホームセンターで半端なものを買ってきても大工さんは使いづらいでしょうね。」


そうでもないみたいです。最近の大工さんは意外とホームセンターで調達をしているようです。個数が少ない場合はそのほうが手軽に買えるし、納期が早い(店に在庫がある)んです。ただ、大量買い付けの場合は独自のルートで買った方が安い場合もあるそうです。また、ホームセンターで売っている素材には限界がありますし。


もちろん、違う場合(ケース)もあり得るでしょう。何かに関する議論が「すべてのケースに当てはまる、完全性を持った論理である」可能性はいつでも低く、それに対して「完全性を欠いている」という議論は発展性がありません。「こういうケースでは違うこともありますよね」と議論を展開させるほうが発展的だと思います。


Yuguiさんの「そして、「プロ」の立場と領域によっては、「大工さんならではのより安価なプロ用調達経路」としてOSSが機能する場合もあるわけです。」


それは本当ですか?ユーザーがYuguiさんに「いままでIBMからソフトウェアを調達していたが、YuguiさんがOSSで納入してくれ。条件はいままでと同じで、IBMと同等のサポート体制を準備すること。」と言われたら、安く準備できるんですか?24時間サポートの3段サポート体制、すべてのコードに対して高い理解度と責任をもった修正コード作成体制、テスト体制、緊急時の対応プロセスとそれに対応するだけの人材確保。

もしそれができるのだとしたら、すばらしいことです。

これからもオープンソースのサポートをよろしくお願いいたします。

> まず最初にお断りしておきますが、私は日本IBMの中ではオープンソース・ソフトウェアを推進する立場にあり、OSSのチームにも所属しています。

存じております。なので、とても奇妙な話に聞こえました。

> 「たとえ話」なんて、「共通の部分が少しある」って程度のものです。完全に同じで相似性が成り立って、なにも矛盾がなかったら、それは例え話しとは言わないのでは?

えぇ、そう思います。ただ、書いていないところまでたとえ話に合致を要求するのは野暮という物ですが、合致しない部分まで書くべきではないのではないかと思いました。

「大工さんに頼んで作ってもらう場合、ホームセンターで調達するよりずっと安価に材料を手に入れてもらえます」と書いてあるわけですから、システムインテグレータが素材を、例えばkernelを、kernel.orgからダウンロードするよりも有意に安価に調達できる経路が存在するのでなければここの類似性が成り立たないのではないでしょうか。

だからこそ、こんなしょうもないところで突っ込みどころを作っても仕方がないのではないかと考えて

> focusすべきはプロにとっての使い勝手や素材の適用可能範囲

と書いた次第です。そしてその補強材料として大工さんの例えを持ち出して次のように書きました。

> >「実際にはホームセンターで半端なものを買ってきても大工さんは使いづらいでしょうね。」

しかし、これを補強材料とするのは、私の無知ゆえの無理があったようです。

> そうでもないみたいです。最近の大工さんは意外とホームセンターで調達をしているようです。

そうなんですね。イメージと、ソフトウェアからの逆の類推だけで物を言っておりました。失礼しました。

>> 「もし大工さんの調達よりも安いホームセンターがあったらDIY+大工さんにすべき、という話だったんでしょうか。」
> 違いますよ。きちんと意味が読み取れてませんね。反論書くなら、もう少しよく読んでみてほしかったです。

そういうわけで、これは反語です。私も記事が言っていることはかっこ内とは違うと思います。分かりづらくてすみませんでした。
が、結果としてこの点では意見は一致しているということで嬉しく思います。

>> 「そして、「プロ」の立場と領域によっては、「大工さんならではのより安価なプロ用調達経路」としてOSSが機能する場合もあるわけです。」
> それは本当ですか?

領域によります。IBMが取り扱っているような製品と領域に関しては私には無理です。しかし、領域によっては可能な場合もあります。また、プロがOSSを素材として利用した例として次のようなサービスもあります。
http://www-935.ibm.com/services/jp/index.wss/offerfamily/its/b1328064
これはプロだからこそ、ソースを自分で扱えるという利点を活かして、半端なOSをお客さんが買ってきてそれを指定され、サポートさせられるよりもランニングコストを含めて結局は安価かつ高品質になる例だと思います。違いますか。

> オープンソースと無料ソフトウェアを混同なんかしてません。
混同しているとしたら完全に意味が通り、同意できる記事だと思いました。混同していないのですか? たとえば、上にリンクを上げた製品は、私はオープンソースかつ商用のサービスだと思いますが、どう思われますか? オープンソースと商用を対比させるのに無理があるように思います。

YuguiさんはDIYをされている(できる)プロですね。だから「OSSは安い素材だよ」と言い返したいのだと思います。それはそのとおりです。DIYされる方にとってOSSは良い素材ですし、使用料金を払わなくていい、ということのメリットは大きいのかもしれません。ベンダーから見れば、SIerさんはユーザー様なので、DIYされるユーザー様、ということになるかと思います。

「自分で直すよ」という方はどんどんOSSを使えばいいですし、ぜひOSSのプロジェクトにも参加してください。USのOSSのお客様はご自身がコミッターになっているケースもあるそうです。

「自分で直すなんてとんでもない」という非ベンダーが、OSSなら安くなるよね、という場合に、ベンダー製品と同じ性能やサポート体制を要求してくるケースは、素材だけの安さ(あるいは手に入れやすさ)で期待してしまうと失敗するのでは?ということです。

その場合、サポート体制などを整えるとむしろ高くなるケースのほうが多いのです。(とくに日本国内の場合、米国のOSSをサポートするためにドキュメントの日本語化やコールセンターなど余計な現地スタッフが必要です)実際、IBMでもOSSをたくさんやっていますが、国内で体制を整えるのをあきらめているケースがあります。体制を整えて、そのコストをサポート料金に積んでみると、商用製品より高くなってしまうのです。この場合、OSSはむしろ高い素材ということになってしまいます。自社のリソースで開発したソフトウェアとサポート体制のほうが、ベンダーにとっては「安い素材」なんです。(これが、大工さんが独自ルートで卸している素材に例えている部分です。すなわち、IBMでは素材そのものを自分で準備して提供しています。)Rubyなどのように国内で日本人が作っているOSSはこの限りではないと思います。Rubyを使っている米国の人が、逆に「不安だ」と言っていましたが。

商用にしても、OSSにしても、「他人が作ったもの」を調達してくる場合、ベンダーとOSSを比較したら、OSSのほうが見かけ上安くみえるでしょうね。ただ、それは「コード」のみをとりあげているからです。商用製品にはメンテナンス体制、コールセンター、販売体制などのコストがすべて含まれているんですから。日本人がOSSを選択しようと考えたとき、そういった周辺のコストを払わないで安くあげているのだ、ということにきちんと気づいてない方が多いと感じます。トータルでサポート付きで入手するのか、素材がほしいのか、ということがきちんと検討されてないと思います。

たぶん、私が想像しているシチュエーションとYuguiさんが想像されているシチュエーションが違うのだと思います。「領域によります。」これがそれを示していると思います。私が書いた領域とYuguiさんの主張されている領域は相当違うのでしょう。

OSSはとても幅広いもので、「この話はこういう場合に限っている」と限定して書くべきでしたね。違うシチュエーションを想像されて、「違う」と反論されても話しがかみあいませんね。

一部のOSSと、ある利用シーンにおいてはYuguiさんのおっしゃられていることが正論だと思いますし、私が言っているケースでは、私の言っていることが正論となるケースもあるでしょう。

例示されているソフトウェアも、違うケースだと思います。「IBM製品と同等のサポートをつけよ」と言われたら、同じ価格では無理ですよね。IBMのお客様はそういうことを要求します。

オープンソースと無償ソフトウェアを混同されているユーザーさんに対してのメッセージでしたので、「混同してるのでは?」と感じられたのだろうと思います。私のメッセージは「混同しないでね」ということです。「オープンソースなら無償だから安あがり、と安易に勘違いしている人が多くないですか?」という記述だったのですが。弊社でもOSSに多大な投資をしていて、商用にも転用していますので立場は同じですよ。私のまわりには給料もらってOSSプロジェクトでプログラム書いているプロがたくさんいます。あれは事業であり、慈善活動ではありません。きちんと収益もあります。また、「無償ソフトウェア」もやっています。Express-Cという種類のものはそうです。幅広い活動をやっていますので、ぜひ研究してみてください。大げさなベンダーサポートなくてもいいから、よいものを安く手軽に使いたい、というシーンにおいて、選択肢は用意しておりますので。

> 「OSSは安い素材だよ」と言い返したいのだと思います
私が普段扱う領域において私にとって安い素材であることは言うまでもありません。仰るとおり、この比喩におけるDIYですね。ただ、それに限ったものでもないと考えておりました。

> 例示されているソフトウェアも、違うケースだと思います。「IBM製品と同等のサポートをつけよ」と言われたら、同じ価格では無理ですよね。
これはちょっと意外です。IBMのOSS、とくに例に挙げたような領域の貢献はかなりのものですし、サポートも充実している印象でしたので、つい同等の水準でサポートを提供できているように考えてしまっていました。

ありがとうございました。

> 同等の水準でサポートを提供できているように考えてしまっていました。

全く同じ、というわけには行きません。Linuxに対して「同じ体制」を組むことはできても、「同じ品質」というわけにはいかないですよ。(お客様が聞いたらオコラれそうですね・・)

zOSの品質をなめちゃいけません。マシン語レベルまで管理されてるんですから。

Arus

まず,ソフトのコストは次の4つかあると思います。
1. 開発コスト
2. 流通コスト
3. アフターサポートコスト
4. 市場独占による不正な上乗せ分

OSS に 3. だけつけると,1.-3. を含んだ商用ソフトより高くなってしまうということですね。
ただ,OSS を選ぶ理由が,「1.-3. のコストが安上がりだから」ではなく,「商用ソフトより高機能だから」だったり,「市場独占を切り崩す最有力候補がたまたま OSS だった」「1.-3. が高くなっても 4. がなくなる分安上がり」だったりします。
その場合 OSS にアフターサポートをする意義があると思いますが,どうでしょうか?

Arusさん

コメントありがとうございます。
そうですね。OSSでしか手に入らないものはあります。それは、きっとDIYショップでしか売ってないレアモノ商品みたいなもんです。それは建設会社から買うものじゃないのでしょう。

「不正な」は表現的にどうか、とは思います。独占は良いことではありませんが、「その製品しか提供できない価値」に対する対価、ということだと思います。(まぁ、実際、独占によって価格が下がらないソフトウェアはたくさんあるんですが)

おっしゃられるように「安くなる」という理由だけでOSSを選ばずに、「いじれる」「OSSにしかない」「OSSの価値」そのものを評価してほしいですし、1~4にあるように、いろいろなコスト全体を総合評価しないといけないですね。

t_antonio

>キツイ書かれ方をされているので、
会社名も顔をさらして書いているので、このくらいは書かれて当然。

結局、OSSのコスト面のデメリットをあげて、高いサポートをつけたIBM商品を売りつける口実にしたいというねらいなのでしょうか。
そうならそうとはっきり書けばいいのに、と思いました。以上

書き方がどうか、ということと、名前や社名を出しているということは関係ないと思います。

また、OSS自体にコスト・デメリットがあるとは考えていません。

・OSSに、無理して強力なサポートをつけたもの
・強力なサポートのついたベンダー製品

の違いは理解しておく必要はあると思います。

Arusさんのコメントによりもうひとつ思いつきました。


5.(かな) 将来への投資


てのもあるかもしれません。多くのベンダーソフトウェアは、次期バージョンというのを提供します。この開発コストは、多くの場合ソフトウェア料金に含まれています。新しい技術、新しいH/Wに順次対応していく、というロードマップは、その投資をお客様にご負担いただいていているのです。この「将来への安心感」にもお金を支払っていただいている、と考えられますし、「そういう未来はいらない」という場合にもOSSはよいのかもしれません。

コメントを投稿する