オルタナティブ・ブログ > 生涯ITエンジニアでいこう。 >

どんどん出てくるIT業界の新トレンドを乗りこなし末長くエンジニアをやっていきましょう。

今年はSandy Bridgeで久しぶりに自作PCか?

»

インテルのSandy Bridgeが発表された。前評判の高いCPU。性能は期待できそうだ。しかしCPUの性能だけではなく周辺機器とのインターフェースもかなり改善されているようだ。 PCIはPCI express 2.0でx16だと何と16GB/s. USBやSATAも6Gb/s。ところで昔のCPUはどれぐらいだったのかとちょっと極端ではあるがPentium IIと比べると下の図のようになった。

Sandybridge

 PCはトータル性能が大事である。どのくらい性能がでるか楽しみだ。あっ、でも周辺機器もたくさん買い替えないといけないか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する