オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

Google I/O 2016 keynoteを見て

»

Google I/O 2016のKeynoteをYouTubeで見ました。今年は野外会場なんですね。オープニング演奏のEarth harpなる楽器、長い弦なのにまともな音程になるのは、いかなる仕組みなのか?

さて、いろいろ発表されましたが、Google Home、ビデオ通りになるならば、音声で家の中のあらゆることをコントロールできてとても便利そうです。Google Homeだけでなく、Google Photoの分類、Alloの応答候補など、Machine learningを駆使して、便利そうな提案です。しかし、一方で覗き見されているような不気味さも感じます。Google Homeは次のステップでカメラを持つような感じがして、もっと不気味。

不気味に思うひとつの理由に、Googleのビジネスがあります。同じようなサービスを提供しているAmazon.comはモノ等を売ること、Appleは主としてハードウェアを売ることがビジネスであるのに対し、Googleは情報自身がビジネスですから。収集した情報がどうなるか。

ところで、Alloの応答候補同士で会話すると面白そうですが、どうなるでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する